本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

セーフティネット保証5号認定について

セーフティネット保証5号認定とは中小企業信用保険法第2条第5項第5号に定める所定の要因により、経営の安定に支障が生じている中小企業者に対して、信用保証協会の保証限度額について、別枠化等を行う制度です。

認定対象者

セーフティネット保証5号認定における全業種指定の指定期間は、令和3年7月31日をもって解除となりました。

8月以降の指定業種については、下記のリンクよりご確認お願いします。

(イ)

最近3か月間の売上高等が前年同期比マイナス5パーセント以上の中小企業者。

 

(ロ)

製品等原価のうち20パーセント以上を占める原油等の仕入価格が20パーセント以上、上昇しているにもかかわらず、製品等価格に転嫁できていない中小企業者。

必要書類

・認定申請書(1部)(自署の場合は印不要)

・売上高比較表

・上記の売上高比較表の実績が確認できる書類(試算表や売上台帳等)

・法人の場合

法人事業概況説明書、履歴事項全部証明書(3か月以内に発行されたもの)

・個人の場合

最新の確定申告書(写)、事業所の所在地が分かる書類(許認可証など)

・代理申請の場合は委任状

 

 

売上高要件の緩和について 【令和2年12月8日】

新型コロナウイルス感染症の長期化

・拡大に伴う経済活動の抑制や、GoToキャンペーンを含む各種支援策の変更に伴う影響などを受けた中小企業者について、売上高の減少要件が緩和されます。

具体的には、現行の「直近1ヶ月」の売上高の対前年同月比の比較に加え、「直近6ヶ月平均」等(4ヶ月や5ヶ月といった期間も可能)の売上高の対前年同期の比較も可能となります。

なお、今回の緩和措置導入に伴う様式の変更はありませんので、上記売上減少要件で申請される場合は、提出書類の「最近1ヶ月」の部分を「最近6ヶ月平均」等(4ヶ月や5ヶ月の場合はその期間)に訂正のうえご提供ください。

要件(イ:売上高減少)の場合の様式

 

◆ 通常様式

最近3ヶ月の売上高等での比較

 

 

 

 

◆ 緩和様式

直近1ヶ月に売上高等とその後2ヶ月間の売上高等の見込みを含む3ヶ月間の売上高等で比較

 

◆ 創業者等に対する様式

前年実績の無い創業者や、前年以降店舗や業容拡大してきた事業者の方についても新型コロナウイルス感染症の影響を受けている場合には、セーフティーネット保証5号を利用できます。

 

【対象となる方】 新型コロナウイルス感染症の影響を受け、経営の安定に支障を生じている、次の方 ・ 業歴3ヶ月以上1年1ヶ月未満の事業者 ・ 前年以降の店舗増加等によって、単純な売上高等の前年比較では認定が困難な事業者

 

 

 

 

 

要件(ロ:原油価格上昇)の場合の様式

(1) 営んでいる事業全て(単一の場合を含む)が指定業種の方

 

(2) 営んでいる複数の事業のうち主たる事業が指定業種で非指定業種と兼業の方

 

(3)営んでいる複数の事業のうち、1以上の事業が指定業種(主たる業種かどうか問わない)で非指定業種と兼業の方

 

 

 

 

お問い合わせ

産業振興課 産業競争力強化係
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所地下1階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-5016
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年08月01日