黒塚古墳出土鏡群

黒塚古墳出土鏡群

画文帯神獣鏡の出土の画像

棺内に置かれた鏡

 木棺内に置かれた画文帯神獣鏡。立った状態で鏡背を南に向けて出土しました。直径13.5センチメートルあり三角縁神獣鏡より一回り小さいものです。

三角縁神獣鏡の出土画像

棺外に置かれた鏡

 石室東側に置かれた三角縁神獣鏡。18~21号鏡で本来は壁ぎわに立てられていたものが倒れたと考えられます。

三角縁神獣鏡の画像

石室から取出された鏡群

 出土した三角縁神獣鏡。合計33面あり、平均の直径は21.8センチメートル、重量は1.2キログラムです。鏡背には神仙 と霊獣などが明瞭に鋳出されています。

三角縁神獣鏡銘文の画像1

三角縁神獣鏡銘文の画像2

三角縁神獣鏡銘文(19号鏡部分)

お問い合わせ先
文化財課
〒632-0017 奈良県天理市田部町320番地
電話 0743-65-5720
ファックス 0743-65-5720
メールフォームによるお問い合わせ