黒塚古墳竪穴式石室

黒塚古墳竪穴式石室

竪穴式石室の画像

竪穴式石室全景と遺物の出土状況

 竪穴式石室は長さ約8.3メートルと長大なもので、人頭大の川原石と板石を用いて合掌式の石室を作っていました。石室の中央部には木棺を安置する粘土棺床があり、粘土棺床や棺内の鏡の位置、朱の状況などから北頭位で遺骸が置かれたようです。
 石室内から出土した遺物は、棺内遺物として画文帯神獣鏡1面と、その両脇に刀剣類が置かれていました。
 棺外遺物は、木棺と石室壁面の間に立てかけるように置かれた鏡群、刀剣類などがあります。
 鏡は三角縁神獣鏡が合計33面あり、木棺を北半分コの字形に取り囲むように置かれています。
 石室は大規模な盗掘を受けていましたが、副葬品などは埋葬された当時の状況を保存していました。
 黒塚古墳の築造された時期は4世紀初頭~前半頃と推定されます。

お問い合わせ先
文化財課
〒632-0017 奈良県天理市田部町320番地
電話 0743-65-5720
ファックス 0743-65-5720
メールフォームによるお問い合わせ