本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

社会資本総合整備事業(下水道事業)

 

社会資本総合整備事業(社会資本整備総合交付金、防災・安全交付金)について

 社会資本整備総合交付金は、国土交通省所管の地方公共団体向け個別補助金を原則一括し、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かせる総合的な交付金として平成22年度に創設されました。  当該交付金は、地方公共団体が社会資本総合整備計画に基づき、目標実現のための基幹的な社会資本整備事業のほか、関連する社会資本整備やソフト事業を総合的・一体的に実現できるよう、国が地方公共団体に交付するものです。  また、平成24年度には、命と暮らしを守るインフラ再構築又は生活空間の安全確保を集中的に支援する防災・安全交付金が創設されました。

 

社会資本総合整備計画及び事後評価について

 地方公共団体が社会資本整備総合交付金により事業を行おうとする場合は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出します。(社会資本整備総合交付金交付要綱第8) また、社会資本総合整備計画を作成したときは、これを公表します。(同要綱第10の1)  地方公共団体は、交付期間の終了時には、社会資本総合整備計画の目標の実現状況等について評価を行い、これを公表し、国土交通大臣に報告します。(同要綱第10の1)

 

天理市上下水道局(下水道課)では、下記の整備計画の変更の提出と事後評価を行いました。

整備計画書(変更)

※ 当該計画は、今後の社会情勢の変化や各年度の予算規模等により、事業箇所や実施期間等を変更する可能性があります。

事後評価書

お問い合わせ

上下水道局下水道課
〒632‐8558 奈良県天理市川原城町600番地10
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-63-3415
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2020年01月20日