第34回青少年を守り育てる市民の集い~少年の主張inてんり~

  平成29年11月11日(土曜日) 天理市文化センターにおいて、「第34回 青少年を守り育てる市民の集い~少年の主張inてんり~」を開催しました。

  青少年健全育成ポスター・標語の表彰式、そして今年も市内小中学生による熱い「少年の主張」と審査・表彰式、また活動団体の発表など多くの感動をもらった一日となりました。

 

ポスター

1.開会のことば (島田副会長)

2.挨拶 (田中会長)

3.顧問挨拶 (並河市長)

  顧問挨拶(大橋市議会議長)

 

 

来賓祝辞(県くらし創造部 原田課長)

 

4.青少年健全育成 「ポスター・標語」 優秀作品 表彰式

市長賞

 南中学校1年生 野中日和 さん

会長賞  

櫟本小学校1年生 川野桃子 さん

 

 「ありがとう」            友達を

            その一言で              大切にしよう

          花が咲く★                  いつまでも 

    市議会議長賞               教育長賞

    南中学校3年生 阪本 佑真さん      二階堂小学校5年生 平川 由季也さん

 

 

 

5.「少年の主張 in てんり」 主張大会

 「少年の主張 in てんり」主張大会は、子ども達が日常生活や社会で起きる事象について考えたことや感じたことを作文発表することを通して、社会の一員としての自覚や主体性を高めるとともに、市民の皆さんが直接子ども達の声を聞くことにより、幅広く青少年健全育成についての理解を深めることをねらいとしています。

  今年度も、市内の小学校からは168点、中学校からは523点、計691点もの応募作文がありました。主張大会では、各学校審査で推薦いただいた小学生5名、中学生5名の子ども達に主張してもらいました。小中学生の鋭い感性と落ち着いて立派な主張が、多くの方の心に響きました。

小学生の部

最優秀賞 丹波市小学校5年生 西村 繭夏さん 言葉は大きな力

優秀賞  櫟本小学校 6年生 石田 知里さん 櫟本の「ステキ」紹介

優良賞  柳本小学校 6年生 山上 桂諒さん ぼくのひいおばあちゃん

     福住小学校 6年生 金谷 珠羅さん あたりまえだけどあたりまえじゃない

             二階堂小学校6年生 野口 柊也さん コミュニケーションの大切さ

中学生の部

最優秀賞 西中学校  1年生 沖倉 凛奈さん 命の炎を消さないために

優秀賞  北中学校  3年生 山田 明日香さん「生きる」とは

                        ~臓器提供・臓器移植について~

優良賞  南中学校  2年生 谷埜 瑚々さん 高齢者への若者の対応

       天理中学校   3年生   林  愛佳さん  命

     福住中学校 3年生 中西 葉月さん 戦争とは

主張作文内容は、下の作文集をクリックしてください。別のウィンドウでご覧いただけます。

「少年の主張 in てんり」 主張作文集

 

主張大会の様子

 

6.加盟機関・団体の活動紹介

人権擁護委員会

天理部会 畑中 幹雄 さん

「人権擁護委員とは」

天理市生涯学習推進員連絡協議会

朝和校区生涯学習推進員会

会長 中嶋 孝 さん

「朝和校区の未来を拓く

  青少年の健全育成に向けて」

7.「少年の主張 in てんり」表彰式

8.指導評価 (森継教育長)

9.閉会のことば (堀田副会長)

○ 記念撮影

   発表した小中学生の皆さん  

   おめでとうございました☆彡

 

今年度の「青少年を守り育てる市民の集い~少年の主張 in てんり~」が無事に終了しました。

参加・協力、ありがとうございました。

 

 

お問い合わせ先
教育総合センター
〒632-0033 奈良県天理市勾田町109番地1
電話 0743-63-0316
ファックス 0743-63-0053
メールフォームによるお問い合わせ