大和郷しで踊り

大和郷しで踊り 《天理市指定無形民俗文化財》

場所

大和神社(おおやまとじんじゃ)

時期

9月

概要

 江戸時代より伝わった雨乞い満願踊りであり、大和盆地の農業と水の関わりを象徴する民俗芸能です。現在は「紅しで踊り(べにしでおどり)」とも呼ばれています。毎年9月23日の大和神社秋季大祭に奉納されます。
 「紅しで」は赤い御幣(ごへい)のことで、踊り手はこれを手に持って大和神社境内に円を描くように並び、お囃子にあわせて踊られます。
 現在は朝和校区の女性有志による「紅しで踊り保存会」により、大切に守り伝えられています。

文化財指定

「大和郷しで踊り」は平成9年3月31日付で天理市指定無形民俗文化財に指定されました。

大和郷しで踊り

大和郷しで踊り

大和神社公式サイト

藤の棚・大和神社

地図情報

大きな地図で見る(GoogleMapページへ)

お問い合わせ先
文化財課
〒632-0017 奈良県天理市田部町441番地2
電話 0743-65-5720
ファックス 0743-65-5720
メールフォームによるお問い合わせ