外国人住民の人も「住基ネット」「住基カード」の運用が始まります

2013年(平成25年)7月8日から、外国人住民の人についても住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が開始されました。

住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の人の住民票に住民票コードが記載され、その住民票コードがご本人に通知されました。

住民票コードは、住基ネットにおいて全国共通の本人確認をおこなうにあたって必要不可欠な、無作為の11桁の番号です。

2013年(平成25年)7月8日から、外国人住民の人も住民基本台帳カードの交付を受けることができるようになりました。

写真つき住基カードは公的な証明書としても使えます。住基カードに電子証明書を格納することで、電子証明書による本人確認を必要とする行政手続のインターネット申請ができるようになりました。(電子申告など)

(注)住基カードの新規発行は平成27年12月末で終了し、マイナンバーカード(個人番号カード)へ移行しました。

住基ネットに関する問合せ先

  • 住基ネットに関する詳しい内容につきましては、総務省「住民基本台帳ネットワークシステムのホームページ」をご覧ください。
  • 住基カードに関する詳しい内容につきましては、「住民基本台帳カード総合情報サイト」をご覧ください。
  • 外国住民に関する住民基本台帳制度の電話相談窓口(外国人住基コールセンター)を開設しています。

日本語・英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語での対応可能
0570-066-630(ナビダイヤル)
03-6301-1337(IP電話、PHSからの通話の場合)
お問い合わせ時間 8時30分~17時30分
開設期間:2014年(平成26年)3月31日まで

お問い合わせ先
市民課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所1階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-63-6641
メールフォームによるお問い合わせ