徴収強化に向けた取組

徴収強化に向けた取組み

納付相談

保険料を納期限までに納めることが困難な方に納付相談を行い、納付計画のアドバイスをしています。毎月下旬(月1回)に夜間納付相談日を設けていますので、ご利用ください。相談日はイベントカレンダー(ホームページのトップメニュー内)や広報紙「町から町へ」にお知らせしています。

納付催告

納期限を過ぎても納付や相談など連絡がない方に対して、文書の送付、電話催告や自宅訪問を行います。

延滞金

納期限(納付通知書に記載されています)までに、被保険者が保険料を納付しない状態を滞納と言います。滞納した場合には本来納めるべき保険料のほか、延滞金も発生する場合があります。

滞納処分

被保険者が保険料を滞納したまま放置していると、下図のような滞納処分を受け、強制的に保険料を徴収することになります。

 

 (図)

滞納したまま放置していると

  ↓

【督促】

納付期限までに完納されない場合、督促状により督促を行います。

  ↓

【納付の催告】

督促状を送付しても納付していただけない方に対し、文書、電話又は訪問により、保険料納付の催告を行います。

  ↓

【財産調査】

納付の催告に応じていただけない方について、差押えを行う財産を発見するため、官公署・金融機関・勤務先・生命保険会社などに財産調査を行います。

  ↓

【差押え】

財産調査を行った結果、財産があると認められる場合には、その財産について差押えを行います。 預貯金・勤務先から支給される給与・生命保険の解約返戻金などが差押えの対象となります。

  ↓

【換価・回収】

差押えた財産については、換価(=換金)し、滞納となった保険料を回収します。

  

納期限内納付をお願いします

保険料を滞納していると、延滞金が加算され納付が困難になるばかりでなく、滞納処分を受けることになります。被保険者の皆さまには納期内納付にご協力をお願いします。

 

口座振替・コンビニ支払いをご利用ください

納付通知書を紛失してしまったり、納めることをうっかり忘れてしまったりしたことなどありませんか。口座振替は、金融機関が指定された預貯金口座から、納期限ごとに自動的に振り替えて納付する制度ですので、納め忘れがなく安心です。

また国民健康保険料はコンビニでの納付もできますので、金融機関の窓口が閉まっている日も納付することができます。

 

事情がある場合は、ご相談ください

けがや病気、失業などやむを得ない理由や多重債務などにより保険料を納期内に納めることが困難な場合、また納付通知書がない場合や、納期限が過ぎてしまった場合等はお早めに保険医療課までご相談ください。

 

 

お問い合わせ先
保険医療課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所1階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-63-6641
メールフォームによるお問い合わせ