雑がみの分別について

雑がみを分別しましょう

家庭から出される燃やせるごみの中には、リサイクル可能な雑がみがたくさん含まれています。雑がみの分別をしてゴミの減量化 資源化にご協力ください。

雑がみとは

雑がみとは、新聞・雑誌・ダンボール・紙パック以外のリサイクル可能な紙類のことです。

 

雑がみとして分別できるものの一例

はがき・名刺・メモ用紙・包装紙・お菓子や食品類の空き箱・ティッシュの箱(ビニールは取り除く)・チラシ・トイレットペーパーやラップの芯・カレンダー(金具等を取り除く)・紙袋(紙以外の部分は取り除く)・紙封筒(セロハンは取り除く)

 

雑がみにならないもの

感熱紙・防水・特殊加工された紙・圧着はがき・カーボン紙がついている紙・紙おむつ・油や汚れのついた紙・せっけんや線香などのにおいがついている紙・金紙・銀紙・アイロンプリントの紙・シール・写真

 

※雑がみの分別については、 雑がみの分別(PDF:235.1KB)や『雑がみ保管袋』を参考にしてください。

 

 

雑がみの排出方法

雑がみが集まれば、別の紙袋に入れたり、ダンボール箱に入れて、資源ごみの『雑誌・雑紙』の日にだすか、地域の集団資源回収に出しましょう。

雑がみ排出例

雑がみ保管袋の使用法

雑がみ分別を推進するため、『雑がみ保管袋』を作成し、平成31年3月号の広報誌『町から町へ』とともに『雑がみ保管袋』を配布しました。

『雑がみ保管袋』はゴミ箱の横において、雑がみは『雑がみ保管袋』に入れましょう。

雑がみ保管袋

雑がみ保管袋は、市役所(環境政策課)・公民館・環境クリーンセンターで配布しています。

 

雑がみ保管袋を活用して、リサイクルを推進しましょう。

 

お問い合わせ先
環境業務課
〒632-0084 奈良県天理市嘉幡町180番地
電話 0743-64-3911
ファックス 0743-64-4321
メールフォームによるお問い合わせ