本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

市内感染状況及び市内学校の臨時休業に関する天理市長からのメッセージ(2月15日)

   本日(2月15日)、奈良県では5名の新規感染発表があり、本市在住者は9日連続で0名でした。他方、本日午前中に市内学校関係者の陽性が判明したため、同校は明後日(2月17日)まで当面休業します。接触者については2月17日中の検査を手配して、個別に連絡していきます。また、当該陽性者との濃厚接触者がいる他の市立学校1校についても、本日午後より2月17日まで休業の措置を取り、検査結果等を見定めることとしています。    新規感染者数は、県内を含めて顕著に減少傾向にありますが、都市部では医療機関のひっ迫が十分改善しておらず、10都府県に対する緊急事態宣言も現時点では継続されたままです。ここで対策が緩み、再び感染者数が増加してしまいますと、かえって社会・経済活動への影響が深まってしまいます。  児童生徒の皆さんにとっては、年度末の大切な時期でもあり、市としては慎重な対応を心がけつつ、引き続き対策に当たって参ります。市民の皆さまのご理解とご協力をよろしくお願いします。   令和3年2月15日 天理市長 並河健  

更新日:2021年03月05日