本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

市内学校の対応状況について天理市長からのメッセージ(1月26日)

本日(1月26日)、奈良県から発表された26名の新規感染者の中に、本市市民は含まれませんでしたが、市対策本部では、午後になり新たな陽性者発生の連絡を受けました。また、この新たな陽性者の方が、市立学校の関係者と接触していることも合わせて確認しました。   当該学校は、昨日(1月25日)付のメッセージのとおり、本日(1月26日)臨時休業している学校と同一です。ただし、昨日と本日に判明したお二人の陽性者には全く接点がなく、別経路だと考えています。改めて、当該学校では、関係する学年を予防的に明日(1月27日)及び明後日(1月28日)に臨時休業し、その旨を保護者に連絡しました。   また、本日(1月26日)は、昨日判明した陽性者が、上記とは違う学校の関係者にも接触していることが朝になって判明しました。既に登校している生徒も多い時間帯でしたが、急遽同様に臨時休業を行うことにして、ご家庭のご都合ですぐには下校できない児童については、十分間隔を取りながら学校での預かりを実施しました。 突然の連絡で、驚かれた保護者の方が多かったと存じますが、事情をご理解いただきましたことに、改めてお礼申し上げます。   感染経路がご自身もよく分からないまま、体調不良で受診された結果、陽性判明される方が市内でも続いています。中には、いったん熱が出てすぐ引いたため、安心していたけれども、味覚や嗅覚の異常が出たという方もいらっしゃいます。   市民の皆さまにおかれては、感染対策に加えて、体調管理にも改めてご注意願います。 ご懸念の点があった場合には、きちんと診察を受けることが、ご自身はもちろん、周りの皆さまの健康と暮らしを守るうえでも大切である点、ご理解とご協力をよろしくお願い致します(ただし、発熱等の症状がある場合には、突然かかりつけ医に行かれるのではなく、念のため、予め電話等で医療機関にご相談ください)。   令和3年1月26日 天理市長 並河健

更新日:2021年03月05日