本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

天理市内新規感染者の発生を受けての天理市長からのメッセージ(1月22日)

 本日(1月22日)、奈良県では40名の新規感染発表があり、内2名の本市在住の方が含まれました。1名は、家庭内感染によると推定される50代女性、もう1名は、県内感染者との接触によると推定される10代男性学生です。お二人に心からお見舞い申し上げ、ご快復をお祈りいたします。    東京都内で、新型コロナウイルス感染症のため自宅療養中の30代女性が、「自分のせいで周りに迷惑をかけてしまい申し訳ない」という内容のメモを残され、自殺されたとの大変痛ましい報道がありました。  行政等による心のケアが重要なことはもちろんですが、誰もが感染者となり得る状況の中、感染された皆さまが決してご自身を責めなくても良いように、社会全体として「お互い様や」「お大事に」と労わり合えることが、何より大切なことと存じます。    本市におきましても、「傷つけ合うより、支え合い」を合言葉に、引き続き感染対策に当たって参りたく、皆さまのご協力をお願い致します。     令和3年1月22日 天理市長 並河健  

更新日:2021年03月05日