本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

市内感染状況と、北保育所の再開に関する天理市長からのメッセージ(1月21日)

職員2名の感染発生により臨時休業中の市立北保育所では、本日(1月21日)までに児童48名、職員7名の計55名の陰性を確認しました。具体的な接触状況や、最終接触日以降の健康状況などを含めて、所管保健所とも協議した結果、経過観察を要するクラスについては2月1日まで臨時休業を継続し、その他のクラスについては、個別に経過観察をお願いする児童を除き、明日(1月22日)より保育を再開します。   「報道資料」

http://www.city.tenri.nara.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/20/houdou20210121.pdf

  本日(1月21日)は、2名の本市在住の方を含む県内で41名の新規感染が発表されました。内1名は、既にお知らせ済みの北保育所職員で、もうお一人は家庭内感染による60代男性自営業の方です。心からお見舞い申し上げ、ご快復をお祈りいたします。   本市は、市立施設の運営も含め市、民の皆さまの安心安全を最優先に引き続き取り組んで参りますので、市民の皆さまにおかれましても、継続的な感染対策へのご協力をお願い致します。   令和3年1月21日 天理市長 並河健

更新日:2021年03月05日