本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

市内学校における新規感染者に関する天理市長からのメッセージ(11月11日)

 本日(11月11日)、市内学校の関係者(市外在住)が、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触があったことが判明したため、直ちに天理地区PCR検査センターで受検したところ、陽性結果が出ました。当該陽性者の濃厚接触者も、合わせて受検し、陰性であることを確認しています。    しかし、児童及び職員の安全確保を最優先に考え、所管保健所が濃厚接触者と認定した者以外についても、予防的に検査を市独自に実施すべきと判断し、その結果を見定めるために、当該学校は明日(11月12日)及び明後日(11月13日)、臨時休業することとしました。  学校保護者に対しては、既に直接連絡しています。連絡がない学校については通常どおり授業を行います。    当該学校の11月16日以降の予定については、検査結果等を総合的に検討し、改めて週末に判断します。なお、陽性が判明した学校関係者は、直接的に児童の皆様との接触は確認されていませんので、ご家庭の事情に応じて、明日(11月12日)及び明後日(11月13日)、6限目までは学校による預かり、放課後は学童保育を実施します。希望されるご家庭には、厳重に健康チェックいただくことをお願いしています。    奈良県を含む全国で再度感染拡大が続いており、誰もが感染者や濃厚接触者になる可能性があります。お互いの人権を尊重し合うべき時、特に子ども達の心が傷つかないよう、最大限の配慮を要します。  市は、感染拡大の防止に向け全力を尽くして参りますので、皆さまもいたずらに詮索し合い、過度の警戒を互いに向けることなく、心静かに感染された方の快復をお祈り下さいますようお願い申し上げます。   令和2年11月11日 天理市長 並河 健  

更新日:2021年03月05日