本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

天理市内新規感染者の発生を受けての天理市長からのメッセージ(11月9日)

 本日(11月9日)、市内在住の会社員の20代女性1名、また6日付で報じられていた陽性者のご家族の20代男性1名が新型コロナウイルスへの感染が判明したと発表されました。  お二人に心から御見舞い申し上げますとともに、御快復をお祈り致します。 (なお、この2名の陽性者は、昨日(8日)までに8名の集団感染が発生している団体職員とは接点がない方々です)    他方で、感染拡大を防止するため、予防的に休業していた市施設については、天理地区PCR検査センターで対応した結果、関係者の陰性が確認され、状況を総合的に判断した結果、明日(11月10日)より再開することとしました。    本市内では、4日連続で複数名、複数の経路での感染発表となり、全国的な感染拡大の影響が及んでいると判断せざるを得ません。  これから、気候が寒くなり、部屋を閉めて暖房を活用しがちですが、先日来お伝えしているように、部屋が乾燥するとウイルスの飛散が広くなります。職場だけでなく、ご家庭内についても、これまで以上に換気(毎時2、3回、数分間)や加湿を心がけましょう。    基本的な感染対策を行いながら、私たち一人一人がリスクを低くする工夫を重ね、冷静に行動することが、私たちの暮らしを守っていく上で大切です。コロナ禍を深めてしまうのが、私たち人間であれば、和らげることができるのも、私たちの理性とお互いの労わりだと存じます。    本市と致しましても、引き続き市内外の状況を注視しながら、市民の安心安全のため取り組んで参ります。   令和2年11月9日 天理市長 並河 健

更新日:2021年03月05日