本文へ
文字サイズ変更
文字サイズを標準にする
文字サイズを拡大する
背景色変更
背景色を白色にする
背景色を黒色にする
背景色を青色にする
現在の位置

第三者行為(交通事故等)で介護サービスを受ける時は届出が必要です

  介護保険法施行規則(平成11年厚生省令第36号)の改正により、平成28年4月1日から、介護保険の第1号被保険者の方が、交通事故等の第三者行為を起因として介護保険サービスを受けた場合は、保険者(天理市)への届出が必要となりました。

 

交通事故などの第三者行為によって、介護保険の被保険者の方が要介護状態になった場合や状態が悪化して介護サービスを利用した場合、その費用は、第三者(けがをさせた人・損害保険会社)が負担することになり、天理市が一時的に立て替えたあとで、第三者へ請求することになります。

 

交通事故などにより介護が必要になった場合は、介護福祉課 給付係へ届け出てください。

 

 

※この届出書は、市が状況を確認するための書類です。

     後日、正式な書類の提出をお願いする場合があります。

お問い合わせ

介護福祉課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所1階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-63-6641
メールフォームによるお問い合わせ

更新日:2021年03月05日