春の交通安全県民運動 天理警察署で60人が参加し出発式

 

春の交通安全県民運動(~5月20日)初日の11日、天理警察署で管内の首長ら関係者60人が参加して出発式があり、交通事故防止を誓い合いました。

 まず、天理交通対策協議会会長の並河市長が「地方創生がいわれる中、安心・安全の街づくりがいっそう重要になってくる。気を引き締めて、県民運動にあたっていきたい」とあいさつ。同署の桝井宏之署長も「人身事故は減少しているとはいうものの、これから夏場にかけて人と車の流れが顕著になる時季。とくに、子どもと高齢者の事故防止に協力をお願いしたい」と呼びかけました。

つづいて、奈良県交通安全協会天理支部協会の梶田日隆会長による「交通安全宣言」と警察音楽隊による激励演奏があり、このあとパトロール隊が出発しました。参加者らは同署前に出て、停止した車の窓越しに交通安全を啓発するチラシやグッズをドライバーに次々と手渡しました。

春の交通安全

春の交通安全
春の交通安全
お問い合わせ先
広報課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所4階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-5016
メールフォームによるお問い合わせ