中心市の天理市と川西、三宅、山添3町村による「定住自立圏形成協定」を締結

 国の「定住自立圏構想」の中心市としての役割を果たす天理市と、それに賛同する近隣の川西、三宅、山添3町村の首長が3月27日、天理市役所でそれぞれ「1対1」の「定住自立圏形成協定」を締結しました。

 調印式には、並河市長と竹村川西町長、志野三宅町長、窪田山添村長のほか各議会の正副議長らが出席。並河市長と3町村長との間で、それぞれ同協定書が調印されました。今後は教育、防災、観光振興など共通の課題に連携・協力して取り組み、魅力あふれる圏域づくりを目指すこととなりました。

 あいさつの中で並河市長は「本市がちょうど100番目の中心市を宣言し、議会では締結議案が4市町村とも全会一致して議決された。今後、(定住自立圏)共生ビジョンに基づいて、全体として力を示していきたい」などと話しました。

詳しくはこちら
http://www.city.tenri.nara.jp/info/1427695721618.html

定住自立圏形成協定

定住自立圏形成協定

定住自立圏形成協定

お問い合わせ先
広報課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所4階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-5016
メールフォームによるお問い合わせ