天理市観光ふるさと語リストに山の辺ミュージカルの会を委嘱

 天理市の観光PRと観光振興に一役買ってもらおうと、天理市は山の辺ミュージカルの会(会員28人)を市観光ふるさと語りストとして委嘱することを決め、並河市長は9月4日、藤本吉孝会長に委嘱状を手渡しました。

 同会は、邪馬台国の女王・卑弥呼の鏡とされる三角縁神獣鏡33面が出土した黒塚古墳の発掘を機に、平成13年に結成されました。「卑弥呼夢がたり」や山の辺の道に伝わる影媛(かげひめ)の悲恋をテーマにした「影媛幻想」をミュージカル仕立てで公演活動を行ってきました。今年10月4日に市文化センターで開かれるグランドコンサートでの舞台で、ちょうど出演70回を数えます。

 委嘱式には藤本会長のほかに会員3人が同行。舞台衣装で委嘱状を受け取った藤本会長は「小学校や公民館での地元での活動を広げていきます。平城宮跡の大極殿で演ずるのが夢です」と話していました。

ミュージカル
ミュージカル
ミュージカル
お問い合わせ先
広報課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所4階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-5016
メールフォームによるお問い合わせ