少年たちが想いを主張

 11月5日、文化センターで第33回青少年を守り育てる市民の集いが開催され、青少年健全育成に関するポスター及び標語の表彰式が行われた後、「少年の主張inてんり」が催されました。

 これは、小中学生が日常生活や社会で起きる事象について考えていることを発表し、社会の一員としての自覚を高めさせるとともに、主張を直接市民が聞くことで幅広く健全育成についての理解を深めることを目的としています。

 応募総数917点から選ばれた小学生6人、中学生5人がそれぞれ発表し、「大丈夫」「ありがとう」といった言葉をかけることでお互い助け合う心を主張した前栽小学校の野戸菜日樹さん、スマートフォンやSNSの危険性や適切な利用の重要性を、具体例を交えて主張した天理中学校の中島悠翔さんがそれぞれ最優秀賞を獲得しました。

青少年を守る集い

青少年を守る集い

青少年を守る集い

お問い合わせ先
秘書広報課 広報室
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所2階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-2880
メールフォームによるお問い合わせ