天理のぶどうでワインを

 石上町でぶどうを栽培し、ワインの製造をしている奈良ワインの木谷一登代表が8月6日に並河市長を訪問しました。以前は大阪でワイン作りについて学び、今年に入って独立した同氏は、奈良で育てたぶどうを奈良で醸造し、純奈良県産ワインを製造することを目指しています。

 市長とは、各種免許の取得、ワインに適したぶどうの栽培条件や、県内初のワイン醸造所の設立への課題についてなど、熱心な対談が繰り広げました。

イメージ

イメージ
お問い合わせ先
広報課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所5階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-0100
メールフォームによるお問い合わせ