ケニア訪問団が市長らを表敬

 ケニア共和国トランスゾイア郡のパトリック シミュ カエンバ知事ら5郡からの訪問団14人が10月26日に並河市長と大橋議長を表敬訪問し、翌27日には天理消防署などの施設を見学しました。

 特定非営利活動法人「アフリカ児童教育基金の会(ACEF)」の招きによる訪問で、今回3回目。並河市長の歓迎を受けたカエンバ知事は「わが国は3年前、中央集権から地方分権に移り郡制度が発足し、47郡に知事が置かれました。郡ができてまだ若いので、天理市からいろいろ吸収して帰りたいです」と答えました。

 一行は天理消防署、環境クリーンセンター、豊井浄水場の3施設を順に見学。

 天理消防署では、署長の案内で基礎免震構造の庁舎内や、全国に9台しかない「拠点機能形成車」(緊急消防援助隊車両)を見学しました。次いで、火災発生時のてきぱきした救出訓練に関心を示すとともに、一行の中には地上40メートルまで上がるハシゴ車に乗り込み、「初めての体験でしたが、母国での救助に生かしたい」などとと話していました。

訪問団1

訪問団2

訪問団3
お問い合わせ先
秘書広報課 広報室
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所2階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-2880
メールフォームによるお問い合わせ