災害医療救護体制強化に向け市内3医療機関と協定書調印

 

本市は10月13日、天理地区医師会(宮城信行会長)、山辺・天理歯科医師会(山本賢俊会長)、市薬剤師会(石田全功会長)の3機関との間で、「災害時における医療救護活動に関する協定書」に調印しました。

 調印式では、並河市長と3機関の会長が出席して行われ、それぞれ協定書に署名して調印しました。協定書には、市内9小学校校区へ医療チームを派遣し、傷病者の重症度の判定(トリアージ)をしたり、応急処置、後方医療機関への転送の要否や救護所での診療などを行う旨が示されています。

 並河市長は「市メディカルセンターの新庁舎ができることで、地域介護・医療の拠点としての役割が増し、期待をかけています。協定書締結を機に相互の連携を強化していければ」と話しました。

協定書調印
協定書調印
お問い合わせ先
秘書広報課 広報室
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所2階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-2880
メールフォームによるお問い合わせ