わくわく てんりっこ(幼稚園編)

大根「あじまろみ」を育てよう!   天理市立前栽幼稚園

地域の方をゲストティーチャーに招いて野菜の栽培活動を行っています。          9月に種まきをする「あじまろみ大根」。5歳児が川畑さん、高畑さんに教えてもらいながら小さな小さな種をまきます。どんな大きな大根ができるかわくわくです。

大根種まき

大根間引き

10月には間引きをすることも経験します。「大根の葉、ちくちくする!」子どもたちは恐る恐るです。

大根引き

 

 

 

11月、収穫。300本余りの大根を夢中でぬきます。その大きさと重さに歓声が上がります。感動体験は子どもたちの心を大きく揺さぶります。                    

大根パーティー

 

 

大根は家に持ち帰ったり、地域の方も交えての“大根パーティー”で食したりします。                   大根のおいしさは格別です。

小学校への滑らかな接続にむけて  天理市立井戸堂幼稚園

井戸堂小学校と連携を図りながら、『子どもの育ちや学びの滑らかな接続』を願い、園児と小学校の子どもたち・先生方との交流を重ねています。

朝顔の種植え

プール遊び

小学校でのプール遊び

小学校の大きなプールで、4、5歳児が遊びました。最初は、緊張していた子どもたちも「めっちゃ大きい!」「深くて気持ちいいなぁ」「ぼくの体浮いたで!」など、歓声をあげ、小学校の先生の参加もあって、楽しいプール遊びになりました。

パラバルーン遊び

1年生との運動会ごっこ

1年生のお友達と一緒に、玉入れやパラバルーン、リレーを楽しみました。大きく膨らんだパラバルーンに、小学生も胸をわくわくして幼稚園を懐かしく感じていました。

 

もちつき

 

 

 

もちつき

長寿会の方々に手伝っていただきながら、5年生のお兄さん、お姉さんと一緒にもちつきを楽しみました。

縄跳び

 

 

5年生との縄跳び

5年生のお兄さん、お姉さんとグループになり、跳び方を優しく教えてもらったり色々な跳び方に挑戦したりして縄跳びを楽しみました。「1年生になるのを待っているよ」と声をかけられ、少しずつ入学への期待が膨らんでいます。

陶芸体験をさせてもらったよ!     天理市立丹波市幼稚園

5歳児が地域の陶芸教室の方と一緒に、7月7日(火)、公民館で陶芸体験をさせていただきました。                                              子ども達は粘土をみて、ワクワク・ドキドキ。「何をつくろうかな?」「お皿とうさぎをつくろう」と、様々に友達と話をしながら楽しく作っていました。                      おじさんにも「うまくできたかな」と、声をかけてもらい、できないところは手伝ってもらっていました。

地域の方と陶芸体験

友達の作品

 

 

 

 

「これ○○ちゃんの?」「すごいな」

共同作品

 

 

 

「また、幼稚園で飾ってもらおう」                                       みんなで作った素敵な共同作品ができました。

地域との交流             天理市立柳本幼稚園

地域との交流を図りながら、様々な方とのふれ合いや豊かな自然体験を通して、心豊かな子どもの育成を目指しています。

田植え

「田植え」                                               柳本小学校の5年生のお兄ちゃん・お姉ちゃんたちと田植えをしました。       「お米の苗って、小さいなぁ・・・」                                  気持ちを込めて植えました

稲刈り

「稲刈り」                                               “お米がたくさん実っていることに大喜び”                              地域の方に鎌の持ち方を教わりながら、慣れない手つきで稲を刈りました。

案山子立て

 

 

 

 

「案山子立て」                                            「おいしいお米ができますように。案山子さん、お願いします・・・」と、案山子を立てました。

収穫祭

 

 

 

「収穫祭」                                                  5年生のお兄ちゃん、お姉ちゃんたちが、収穫したお米で美味しいカレーを作ってくれました。

キウイ摘み楽しかったよ!!   天理市立櫟本幼稚園

日頃より、地域との交流を深めながら、さまざまな方とのふれあい、四季折々の自然体験を通じて、心身ともに健やかな子どもの育成を目指しています。

12月4日には、和爾町飯田氏のご厚意により、キウイ摘みを経験させていただきました。キウイ畑に到着すると、子どもたちは鈴なりに実をつけているキウイにびっくり!!上を見上げたり、長く伸びた枝に興味をもったりする姿がみられました。

ichiyou1

ichiyou2

ichiyou3

飯田氏にキウイの摘み方を教えていただき、早速子どもたちは「どのキウイがおいしそうかな~。」「大きなの見つけた。」など、目を輝かせながら夢中で摘んでいました。

ichiyou4

ichiyou5

キウイを手に持った子どもたちは「ざらざらしている!」「なんか毛みないなのついてるな~」など気付いたことを友達に伝え合っていました。飯田氏から「クリスマスには食べ頃になるよ」。と聞くと「へぇ~!」「もうちょっとやなぁ!」など、心待ちにしながら期待をふくらませている子どもたちでした。

 

 

 

 

地域の伝承文化にふれて      天理市立朝和幼稚園

地域の自然や伝承文化にふれ、様々な人々との出会いやふれ合いを通して、心豊かで逞しく生きる子どもの育成を目指して日々取り組んでいます。

中でも、大和神社で行われる「風の祭り」「茅の輪くぐり」「紅しで踊り」「節分祭」等の行事には、例年参加させていただいています。

「紅しで踊り」は天理市無形民俗文化財に指定され、毎年保存会の方々に指導していただき、今年で20年目を迎えました。

地域の伝承文化にふれることで、自分たちの住む地域に親しみを感じ、地域を愛し健やかに育ってくれることを願っています。

紅しで踊り奉納

紅しで踊り保存会

 

 

7月、「紅しで踊り保存会」の方々に来園いただき、「紅しで踊り」のいわれや踊り方を教わりました。

運動会での紅しで踊り

 

 

運動会のオープニングにも「紅しで踊り」を披露しました。

「紅しで踊り保存会」のみなさんの力強い太鼓の音と歌に合わせて、朝和っ子も「サーサイ」と掛け声をあげながら、元気に紅しでを振り動かせて踊りました。

やきいもパーティーをしたよ!    天理市立やまだこども園

 やまだこども園は、現在0歳児2名・1歳児1名・2歳児2名・3歳児2名・4歳児4名・5歳児9名の計20名の在園児がいます。

 今年5月、地域の方とさつまいものつるさしをし、10月に収穫、29日には3・4・5歳児が散歩で拾い集めた落ち葉や枯れ枝を使ってやきいもパーティーを楽しみました。

 地域の方々と収穫を喜び合い、季節ならではの体験を五感を通して感じる一日となりました。

やきいもを食べている

乳児がやきいもを食べている

いもをやいている

「早くやきいもできないかなぁ~!」

やきいも

「うわぁ おいしそう~」

さつまいものつるさしをしている

 

 

 

 

地域の方にさつまいものつるさしの仕方をを教えていただきました。

さつまいもの収穫をしている

 

 

 

 

「おいもがたくさんとれたよー!」

天理市立二階堂幼稚園

『赤ちゃん広場』

月1回、校区内に住んでいる1歳までの赤ちゃんが幼稚園に来て、『赤ちゃん広場』を開催しています。お母さんどうしで子育てのことを話したり、ふれあい遊びをしたりして楽しい時間を過ごしてもらっています。

nikaidouyou1

nikaidouyou3

  

 

 

心も体も元気いっぱい!    山の辺幼稚園

”早寝・早起き・朝ごはん”生活リズムを整え、健康な心と体を大切に「やってみよう」「おもしろい」「ようし、もっとやろう」と遊びこめる幼児をめざして取り組んでいます。

yamayou5

yamayou6

yamayou1

毎朝9時になるとドラえもんの曲が流れ、全園児が園庭でリズム体操やなかよし遊びをします。心も体も目覚めて元気いっぱいの一日の出発です。

yamayou2

鉄棒や雲梯、チェーンネットなどいろいろな遊具にチャレンジ・・・鉄棒のぶら下がり、足がつかないように「1 2 3 4 5 ・・・」頑張るぞ!

yamayou3

「よーいドン!」裸足になって芝生の園庭を思い切り走る子どもたち、とっても気持ちがよくて「もう一回!」と何度も走りたくなりました。

yamayou4

チェーンネットにロープをつなげ、楽しかった遠足での経験で遊んでいます。「わぁーぐらぐらするな。」「落ちないように頑張るぞ。」楽しい遊びが広がります。汗をいっぱいかいて遊びます。

 

お問い合わせ先
まなび推進課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所5階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-0100
メールフォームによるお問い合わせ