みなし寡婦(夫)控除について

みなし寡婦(夫)控除とは

平成30年9月から法改正により、税法上の寡婦(夫)控除が適用されない、婚姻歴のない(未婚の)ひとり親家庭の子育てを支援するため、保育所等保育料について寡婦(夫)控除のみなし適用を実施することになりました。

申請が認められた場合、保育料算定の際に使用する市町村民税を寡婦(夫)控除(又は特定寡婦控除)が適用されるものとみなして保育料の算定を行うこととなり、保育料が減額される可能性があります。

平成30年度みなし寡婦(夫)控除で適用される控除額

平成30年度みなし寡婦(夫)控除で適用される控除額
 

寡婦控除

特定寡婦控除 寡夫控除
合計所得金額 500万円以下 500万円以下
住民税控除額 26万円 30万円 26万円

注釈:みなし寡婦(夫)控除の場合、市町村民税所得割額の算定の際、調整控除は行いません。

 

みなし寡婦(夫)控除の申請について

対象者

みなし寡婦(夫)控除の対象者は以下の1、2のいずれかに該当する場合です。

  1. 婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚含む)にない母であり、生計を一にする20歳未満の子がいる。
  2. 婚姻歴がなく、また現在婚姻状態(事実婚含む)にない父であり、生計を一にする20歳未満の子がいる。かつ合計所得金額が500万円以下である。

注釈: 上記に記載する生計を一にする20歳未満の子は、総所得金額が38万円以下であり、他の人の控除対象配偶者や扶養家族となっていない場合に限る。

必要書類

  1. 天理市寡婦(夫)控除みなし適用申請書(保育所等保育料)
  2. 未婚の母(または未婚の父)の戸籍全部事項証明書(出生から現在まで)

天理市寡婦(夫)控除みなし適用申請書(保育所等保育料)(PDF:87.5KB)

注意事項

  • 事実婚状態にある場合は対象となりません。
  • 申請後、翌月から保育料の変更を行います(遡っての更正は行いません)。
  • 住民税や所得税が軽減されるものではありません。
  • 計算の結果、保育料に変更が生じない可能性があります。

申請先 

天理市役所2階

児童福祉課保育係

お問い合わせ先
児童福祉課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所2階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-2880
メールフォームによるお問い合わせ