子どもの予防接種

予防接種は感染症の流行を防ぐほか、病気にならない、かかっても重くならないために実施しています。

予防接種(個別接種)

市内委託医療機関にて個別接種を行う定期予防接種
次の定期予防接種は、市内委託医療機関にて個別接種を行います。

4種混合:ジフテリア・破傷風・百日咳・急性灰白髄炎

生後3月から生後90月に至るまでの間にある者

第1期初回

20日以上、標準的には20日から56日まで間隔をおいて3回

第1期追加

第1期初回接種(3回)終了後、6月以上、標準的には12月から18月まで間隔をおいて1回

B型肝炎 

生後2月から生後1歳に至るまでの間にある者

(ただし、平成28年4月1日以降に出生した者のみ)

接種回数 3回

接種間隔 27日以上の間隔をおいて2回接種後、第1回目の接種から139日以上の間隔をおいて1回。標準的な接種期間は生後2ヶ月から9ヶ月未満です。

ポリオ(急性灰白髄炎

※4種混合を4回完了している方、ポリオ生ワクチンを2回服用している方は接種の必要はありません。

生後3月から生後90月に至るまでの間にある者

1期初回接種

20日以上、標準的には20日から56日までの間隔をおいて3回

1期追加接種

初回接種(3回)終了後、6月以上、標準的には、12月から18月に達するまでの期間をおいて1回

BCG

生後1歳に至るまでに1回 (標準的な接種期間は5月から8月までの間隔をおいて1回)

2種混合:ジフテリア・破傷風(DT)

2期

11歳から13歳未満 1回  (小学6年生で済ませるのが望ましい)

麻しん・風しん(MR2種混合)

1期

生後12月から24月に至るまでの間に1回

2期

5歳から7歳未満の者で小学入学1年前から入学の前日までの1年以内
に1回 (幼稚園・保育所年長児が対象年齢)

日本脳炎

1期(3回)

生後6月から生後90月に至るまで

  • 1期初回接種

 6日以上、標準的には6月から28月までの間隔をおいて2回

  

  • 1期追加接種

 初回(2回)終了後6か月以上、標準的にはおおむね1年を経過した時期に1回

2期(1回)

9歳から13歳未満 (標準的な接種年齢:小学4年生)

注釈:特別措置として、平成7年4月2日から平成19年4月1日生の方で接種を完了していない方は、20歳未満まで無料で受けることができます。

ヒブワクチン

生後2月から生後60月に至るまでの間にある者

標準的な接種方法

生後2月から生後7月に至るまでに接種を開始する場合

  • 初回接種
    27日以上、標準的には、56日までの間隔をおいて3回

  

  • 追加接種
    初回3回目の接種後、7月以上おいて1回、標準的には、13月までの間隔をおいて1回

  

小児用肺炎球菌ワクチン

生後2月から生後60月に至るまでの間にある者

標準的な接種方法

生後2月から生後7月に至るまでに接種を開始する場合

  • 初回接種
    標準的には、生後12月までに27日以上の間隔をおいて3回
    注釈:ただし、初回2回目および3回目の接種は生後24ヶ月までに行う。それを超えた場合は行わないこと。また、初回2回目の接種が12か月を超えた場合は、初回3回目の接種は行わないこと。(追加接種は可能)
  • 追加接種

生後12月から生後15月に至るまでの間を標準的な期間とし、初回(3回)終了後、60日以上の間隔をおいた後であって、生後12月に至った日以降に行う。

子宮頸がん予防ワクチン

標準的な接種年齢(中学1年生の女子)

2価ワクチン(サーバリクス)

  • 2回目接種は1回目接種から1月後
  • 3回目接種は1回目接種から6月後

注釈:やむを得ず接種間隔の変更が必要な場合は、1月から2月半までの間隔をおいて2回行った後、初回1回目の接種から5月から12月の間隔をおいて1回行う。ただし、当該方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回接種した後、1回目の接種から5月以上、かつ2月半以上の間隔をおいて1回行う。

   

4価ワクチン(ガーダシル):2回目接種は1回目接種から2月後

  • 3回目接種は1回目接種から6月後

注釈:但し、当該方法をとることができない場合は、1月以上の間隔をおいて2回行った後、初回1回目の接種から3月以上の間隔をおいて1回行う。

 

水痘

生後12月から生後36 月に至るまでの間にある者

生後12月から生後15月に至るまでに初回接種を行い、追加接種は初回接種終了後3月以上、標準的には6月から12月に至るまでの間隔をおいて1回行う

 

 

「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」の医薬品副作用被害救済制度のお知らせ

「子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業」の医薬品副作用被害救済制度のお知らせ

”お心当たりのある方は、至急お問い合わせください!”

任意接種で始まった、子宮頸がんワクチン・ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチンのいずれかを、平成25年3月31日までに接種した方のうち、接種後に何らかの症状が生じて医療機関を受診した方で、接種との関連性があると認められた場合、医療費・医療手当が支給される場合があります。

支給対象となるのは、請求した日から遡って5年以内に受けた予防接種に限られます。お心当たりのある方は、至急に請求をしてください。

具体的な請求方法、必要書類、請求書類等については、次の相談窓口にお問い合わせください。

 

・救済制度相談窓口

独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA) 救済制度相談窓口

フリーダイヤル 電話:0120-149-931

※フリーダイヤルをご利用になれない場合は 電話:03-3506-9411(有料)

<受付時間>

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)

午前9時から午後5時

予防接種の概要・注意

実施場所

下記「市内委託医療機関一覧」PDFをご覧ください。
(必ず、各医療機関に問い合わせて予約してください)

天理市委託医療機関一覧表(PDF:96.5KB)

費用

無料

持ち物

予診票、母子健康手帳、健康保険証

注意事項

  • 接種間隔がはずれた場合は、原則予防接種法に定められた定期接種ではなく、本人または保護者の意思に基づく任意の予防接種となります。
  • 接種前には必ず「予防接種と子どもの健康」をよく読んで、必要性や副反応を理解した上で接種を受けてください。
  • 長期にわたり療養を必要とする病気など特別の事情があることにより、定期接種を対象年齢内に受けられなかった方は、事前にお問い合せください。
  • 市外・県外の医療機関で接種される場合は事前に申請が必要です。

 

定期予防接種一覧(PDF:122.1KB)

定期予防接種(市外接種)申請書(PDF:73.6KB)

定期予防接種(県外接種)申請書(PDF:66.3KB)

お問い合わせ先
健康推進課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地
電話 0743-63-1001(代表)
メールフォームによるお問い合わせ