インターネット公売 天理市インターネット公売Q&A

Q1.公売って何ですか?

公売は税金を何らかの理由で収めることができない場合、その人が所有する財産を売却することによって税金を納付する法律上の手続のひとつです。
公売に付される物件等は地方税法、および国税徴収法に基づいて出品されるものです。したがって、落札に成功し売却代金を納付された品物については、落札者の権利を守る手続がそれらの法律によって保証されています。

Q2.公売に参加するのは初めてなのですが大丈夫でしょうか?

インターネット公売もインターネットプロバイダーが主催するネットオークションと基本は同じです。ただし、若干法令等の制限があり、通常のオークションと異なる部分もありますので、詳細は「インターネット公売の手続き」で確認してください。

Q3.誰でも参加できるのですか?

20歳以上の方で、天理市の公売ガイドラインを遵守できる方、インターネットにアクセスできる方であれば誰でも参加することができます。ただし、Yahoo!Japan IDの登録が必要なので、登録をされていない方はYahoo!サイトより事前登録をしてください。

Q4.どんなものが出品されますか?

動産、車やオートバイなどの車両、土地や建物などの不動産などが主です。公売に出品される物件等は「トップページ」、および「公売に出品されている物件等」で確認してください。
出品する品はその時期によって異なりますので、こまめにページをチェックしてお目当ての品を見つけてください。

Q5.「せり売り」と「入札」、違いは何ですか?

いずれも、物件についての最高価申込者を決定する方法ですが、以下のような違いがあります。

せり売り

入札は、入札期間中であれば何回でも可能です。
ただし、公売システム上の「現在価額」または一度「入札価額」欄に入力した金額を下回る金額を「入札価額」欄に入力することはできません。一度行った入札は、入札者の都合による取り消しや変更はできませんので、ご注意ください。

入札形式

入札は一度のみ可能です。
一度行った入札は、入札者の都合による取り消しや変更はできませんので、ご注意ください。

Q6.公売保証金って何ですか?

公売保証金は入札しようとする物件等に対する手付金です。入札しようとする物件について公売保証金の納付がない場合には、原則として入札は認められません。
公売保証金の納付については「インターネット公売の手続き」を参照してください。

Q7.落札後、公売保証金はどうなるのですか?

返還される場合

  • 落札できなかった場合
  • 納税者が滞納に関わる税を納付し、売却決定が取り消された場合

買受代金に充当される場合

  • 最高価申込者となり、買受代金を納付した場合

没収される場合

  • 最高価申込者となったにもかかわらず、買受人が買受代金を納付しなかった場合。
お問い合わせ先
収税課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所2階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-2880
メールフォームによるお問い合わせ