住民基本台帳ネットワークシステム

住民基本台帳カードをお持ちの方へ

 マイナンバー制度の導入に伴い、住民基本台帳カード(住基カード)の新規発行は平成27年12月末をもって終了します。また、住基カードと個人番号カードの両方を持つことはできません。個人番号カードを持っておらず、住基カードのみを持っている人は、有効期限まで、カードと電子証明書は利用できます。

☆住基カードに格納している電子証明書の発行・更新・失効手続きは、12月22日(火)までです。

☆平成28年1月から始まる個人番号カードおよび電子証明書は即日交付が出来ません。確定申告にかかる時期に電子証明書の有効期限が満了日を迎える方はご注意ください。

住基カードの交付について

本市に住民登録している人で希望する人に「住基カード」を有料(1枚/500円)で交付します。「住基カード」には写真なしと写真入があり、どちらかを選択することができます。また、このカードの有効期限は、発行日より10年間(市外転出や死亡などにより無効)です。
写真入の「住基カード」は天理市長が交付する公的な身分証明書として、市役所や金融機関での本人確認の際、使用することができます。

☆新規発行は平成27年12月末までです。

住民票の写しの広域交付

住基ネットを活用して全国の市区町村間で住民票の情報がやりとりできるようになったことで本人または同一世帯の人に限り「広域交付の住民票」を全国の市区町村の窓口で請求することができるようになりました。ただし、本籍地・筆頭者名や住民履歴が記載された住民票は発行されません。これらが表示された住民票を必要とする人は、天理市の市民課窓口で請求してください。

転入転出の特例

「住基カード」の交付を受けた人が、市外に転出される場合には、転出する旨を記載した文章(付記転出届)を事前に市民課に郵送するなどした後、転入先の市区町村で「住基カード」を提示のうえ転入手続きをすることができます。

転入転出の特例で注意していただくこと

  • 住基カードが一時停止状態になっている場合は受付できません。
  • 転出届予定日から14日以内に転入手続きをして下さい。14日を経過した場合は、この手続きは無効になります。
  • 国民健康保険加入者や学校関係の手続等で直接天理市役所窓口に来ていただく場合がありますでご了承下さい。
  • 転入手続きで住基カードの暗証番号が必要となりますのでご注意下さい。

交付申請の手続き

申請できる人

天理市に住民登録をしている15歳以上の人

注意:ご本人が申請にお越し下さい。

注釈:15歳未満の人や成年被後見人の人は法定代理人が申請できます。ただし法定代理人であるという証明と申請者の本人確認ができるものが必要です。

必要なもの

  1. 本人確認できる運転免許証・パスポートなど、官公署が発行している顔写真つきのもの
  2. 印鑑
  3. 写真入りカードを希望の人は、6ヶ月以内に撮影した旅券用写真(タテ:45ミリメートル・ヨコ:35ミリメートル)1枚

注意:本人確認できるものがない場合は、照会書を郵送して本人確認をします。

「住基カード」についてのご質問などは天理市役所市民課へ

お問い合わせ先
市民課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所1階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-63-6641
メールフォームによるお問い合わせ