朝和校区

佐保庄(さほのしょう、さほんしょう)

継体紀に皇太子まがりの大兄皇子の妃春日姫に屯倉みやけを賜うた記事があるが、どこであろうか。ここは春日の佐保殿庄が、のちに佐保庄と呼ばれることになったというが詳かでない。さほという地名も古語で、よくはわからないが、少し小高くなった地形を指すようである。

佐保庄

三昧田(さんまいでん)

庄園時代の寺には住僧田・三昧田・修理田・修正田・八講田などという雑役を免じられる除田があった。ここの場合はこの西にあった福智堂の三昧田があって、そこに村ができたので村の名になった。福住にもさんまい田があり、柳本には三昧講という小字があるが、これは三昧講の田である。今でいえば念仏講田というようなものである。

三昧田

福知堂(ふくちどう、ふくっとう)

村の東南に東の寺という小字があるが、ここに臨済宗の福智堂があり、村の名として残った。富堂・井戸堂・守目堂などと同類で、とみんどう、いどんどう、もりめんどう、ふくっとうとなまっていうのが土地の言葉である。公称はふくちどうであっても、ふくっとうといっても決して誤りであるとは申されない。

福知堂

永原(ながはら)

山辺郡長屋郷といったのはここを中心とした付近の郷名で、万葉集にでてくる長屋原はこの地である。奈良朝時代に東大寺領で長屋庄があり、中世には興福寺の荘園もあった。もとは長屋または長屋原といったのが慶長の布留社文書には長原または永原と出ているから、近世になって永原となったと思われる。しかし長い原という意味は一貫している。奈良朝初期の長屋王はこの長屋に何か関係があったのであろう。佐保庄の古検地帳には長屋という地名がある。

永原

長柄(ながら)

神武紀に現われるほそながおかさきはここであるといわれている。ながらという言葉も古語でわかりにくいが、アイヌ語では、川から丘地へゆく途中の土地、または、よく見える眺望のよい所をさすようである。

長柄

兵庫(ひょうご)

大和神社の兵庫のあった所である。古代は大社や豪族は弓矢槍刀などの武器を納める兵庫を持っていた。石上神宮の付近においては、内馬場・木堂・三島・守目堂にあぜくらという小字があるが、ここには正倉院のようなあぜくらがあったと考えられている。あぜくらはあぜに関係の地名かとも疑ってみたが、上の地方以外に見当らないから、先ず校倉のあった地と見てよさそうである。櫟本の西部にも兵庫という所がある。他所のことだが神戸市はもと神戸と兵庫と二つの村であったのを合して神戸市となったので、一方の兵庫の名がなくなったかわりに兵庫県という県名をつけたのである。

兵庫

新泉(にいずみ)

万葉集の「みてぐらを ならよりいでて みづたでの ほづみにいたり とあみはる さかてをすぎ……」のほづみはここであるといわれているが、近頃、田原本の東、阪手と南阪手の間にほうづみという小字がありそこであるという新説が出た。穂積の語源は刈った穂を積みおく所だといわれ、新泉は新積で、穂積を改めたのだという説があるが、詳しくはわからない。古代の穂積氏がこの辺からその西南にわたって勢力を張っていた。

新泉

岸田(きしだ)

古代は田村から岸田の辺りは湖沼であったので岸田というという伝説があるが、川にも岸があるから、沼または川の岸にできた田と解される。新撰姓氏録に岸田臣の名も見えるから古い地名である。 岸田と中山から上街道に出た垣内を市場という。ここの市場は十市城のあった頃は盛んであったが、十市城が落ちた時、兵火にかかり、商業地は隣りの柳本の方へ移行した。

岸田

中山(なかやま)

平地へ丘陵の突き出ている地形から来た名である。中山中楽寺という奈良朝時代創建の大きな寺のあった地で、中山の名にふさわしく、昔はこの地方の中心の地であった。

中山

成願寺(じょうがんじ)

中世、成願寺という寺があり、成願寺庄という荘園があった。それが村の名になったのである。大和神社の鳥居前から北にやまとという垣内がある。大和神社はおおやまとに坐す大国魂の神社であるから、もとの鎮座地の長岡を中心とした地がもとのやまとの国である。それが今の大和国全体の地名になり、大和朝廷の全国統一とともに全日本の名ともなったが、その名残りを大和神社と共にここのやまとにその名を残している。やまとの語源はやまやまなど20ほどの説があるが、出雲と北九州と大和に多い自称地名で、その他称地名がひのくにであるという説がある。

成願寺

萱生(かよう)

萱の生えている地。あさうり柳生やぎゅうなどと同じ命名法である。村の東北に草山という山がある。この山に限らず、この辺り一帯は古墳地帯であるから一面に萱の生えた所があったので名付けられた。

萱生

竹之内(たけのうち)

武の内と書いた方がよくわかるが、城の内という意味である。しかしそれは大阪城とか郡山城というような城を想像してはいけない。一つの村が堀や藪にかこまれて、文字通り竹の内ともなっている。これはここだけではなく隣りの萱生もよく似ているし、中世に出来たかんごう集落である。川原城と三島には竹の花という小字があるが、たけはなという意味で川原城という城のはしになる。中山・柳本の竹の尻や木堂の竹尻はたけしり、永原・九条の竹の前は城の前、福住にたけの本、長滝に竹の垣内があるが、このたけに関係した名である。

竹之内

乙木(おとぎ)

ここの氏神を神社という。常陸風土記に夜刀神の記事があるが、やつの神で蛇を神体とした水神である。ここもそれではないかと思う。昔はおと明神といったが、からおとに変わったのであろう。この村の名は、この神さまの名から来たものと考えられる。愛宕おたきの変化ではないかという説もあり、いつき神社の変化であるという説もあるが併せ考うべきである。

乙木

園原(そのはら)

内山永久寺の園原という意味である。お寺や花園主の野菜や供花などを植えてある所を園といい、ここには園原という小字があるがこの村の名の起こったもとである。九条にはみその垣内があり、吉野山の下には御園という大字があり、奈良興福寺の花園は花園町となっている。

園原

お問い合わせ先
市民協働推進課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所4階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-5016
メールフォームによるお問い合わせ