本日の感染状況と、明日の市役所及び児童施設の再開、他の児童施設の臨時休業について天理市長からのメッセージ(1月17日)

本日(1月17日)、本市在住3名を含む38名の新規感染が奈良県内で発表されました。3名の内、1名は昨日(1月16日)付メッセージでお知らせした本市職員です。他、県内感染者と接触歴のある30代女性会社員、県外感染者と接触歴のある50代男性公務員の陽性が報じられています。

 

陽性となった市職員と接触歴があったものの、1月15日に陰性を確認した8名の市職員については、内3名が所管保健所により改めて「濃厚接触者」として認定されました。当該3名は自宅での経過観察を継続させます。他方で、来庁者を含め、当該職員が担当して業務の関連で、市民の皆さまの中に濃厚接触者はいないと確認されました。

これまでの検査結果や職員の経過観察等を総合的に判断した結果、市役所は明日(1月18日)より通常どおり業務を行うこととします。

 

http://www.city.tenri.nara.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/20/houdou20210117.pdf

 

また、1月15日及び16日に臨時休業を行った市立児童施設では、陽性者と接触したと思われる関係者9名全員の陰性を確認しました。濃厚接触に当たる方については、経過観察を続けますが、今後仮に症状が出て陽性となった場合でも、感染リスクがあるとされる、発症から二日間さかのぼっても、他の児童や保育士に感染する可能性があったとは判断されないため、明日(1月18日)より再開します。

 

しかしながら、他の市立児童施設において、本日までに発表された感染者以外で、昨日陽性が判明した方と関係者が接触したことが新たに判明したため、同施設は明日(1月18日)及び明後日(1月19日)に臨時休業します。

 

県内で新規感染者が30名を超える日が、本日を含めて5日続き、高止まりの状況が続いています。市民サービスについても影響が出ざるを得ない状況です。

本市は常に感染リスクを確認した場合には、濃厚接触者等の判定に先立ち、直ちに拡大防止の対応を取ることを心がけています。市民の皆さまの安全確保を最優先に運営して参りますので、ご理解とご協力をよろしくお願い致します。

 

令和3年1月17日

天理市長 並河健