天理市内新規感染者の発生を受けての天理市長からのメッセージ(1月10日)

 本日(1月10日)、奈良県より、昨日付けの45名を超え、過去2番目に多い数字となる46名の新規感染者の発表がありました。内1名は、本市在住の20代学生です。陽性者の方に心から御見舞い申し上げ、御快復をお祈りします。

 

 首都圏や京阪神以外の地方を含めて、全国的な感染拡大が続いています。今の感染状況は、年末年始の過ごし方、人との接触状況によるものと言われており、今後の拡大防止の上で、この三連休の私たち一人一人の感染対策が、非常に重要です。

 

 市民の皆さまにおかれては、引き続き、日ごろ生活を共にしない方と感染リスクが高い状況を作ることを厳にお控え願います。

 また、「大阪等の都市部に行かなければ、だいじょうぶ」と対策を緩められる状況では決してなく、県内・市内であっても十分にお気をつけいただきますよう重ねてお願い申し上げます。

 

令和3年1月10日

天理市長 並河 健