天理市内新規感染者の発生を受けての天理市長からのメッセージ(1月6日)

 本日(1月6日)、奈良県より発表された新規感染者24名の中に、本市在住の5名の方が含まれました。

 内3名は、12月30日に陽性が判明した県外の方の接触者です。また、10歳未満の幼児は、12月30日に陽性判明した市内在住者からの家庭内感染で、市内学校・施設等への影響は確認されていません。他、1月4日に接触者が陽性となった、県内会社員の方の陽性が判明しました。

 

 陽性者の皆さまに心からお見舞い申し上げますとともに、ご快復をお祈りいたします。

 

 首都圏では、明日(1月7日)、緊急事態宣言が発出される見込みであり、近畿地方でも本日、大阪、兵庫、和歌山、滋賀の各府県で新規感染者数が過去最多となりました。

 

 市では引き続き警戒感をもって、感染拡大を防止し、市民の皆さまの命と暮らしを守るために取り組んで参ります。

 

令和3年1月6日

天理市長 並河健