天理市内新規感染者の発生を受けての天理市長からのメッセージ(12月23日)

 本日(12月23日)、県内で発表された37名の新型コロナウイルスへの新規感染者の中に、本市在住の50代女性と10代生徒の2名が含まれました。心からお見舞い申し上げ、ご快復をお祈りします。

 

 当該陽性者について、本市の学校等で拡大防止のために必要な対策としては、既に一昨日から昨日(12月21日及び22日)にかけて、臨時休業や陰性の確認など対応済みであり、本日(12月23日)には全て再開しているところです。

 

 他方、本日県内で発表された感染者数は、12月3日付の39名に次いで二番目に多い数となり、本県においても依然として感染が高止まりの状況が続いています。

 

 市としても、年末年始に向けて、引き続き警戒感をもって対応して参ります。

 

令和2年12月23日

天理市長 並河健