市内学校及び児童施設の対応状況に関する天理市長からのメッセージ(12月21日)

 本日(12月21日)、奈良県から発表された新規感染者32名の内、本市在住の方はいらっしゃいませんでしたが、県内陽性者の皆さまに心からお見舞い申し上げ、ご快復をお祈り致します。

 

 また、市内学校2校では、関係者が陽性者の濃厚接触者と判明したため、本日(12月21日)、全部または一部の臨時休業を行っていました。PCR検査の結果、両校ともに濃厚接触者は全員陰性であることが確認されましたので、接触状況や健康状態等を総合的に判断し、明日(12月22日)より両校を再開します。

 他方、新たに他の市立学校2校及び1児童施設において、関係者が陽性者に接触していることが判明したため、明日(12月22日)、当該学校及び児童施設を予防的に臨時休業といたします。

 

 市内の状況も流動的な状況が続いており、市では引き続き市民の皆さまの安心安全を最優先に、施設の運用や感染拡大の防止に努めて参ります。

 

令和2年12月21日

天理市長 並河健