市内学校の臨時休業にかかる天理市長からのメッセージ(12月6日)

 本日(12月6日)、奈良県より発表になった市内感染事例はありませんでしたが、市内学校の関係者が陽性者に接触していたことが判明したため、明日(12月7日)、予防的措置として関係する学年を臨時休業します。

 また、市内在住の陽性者は現時点では判明していませんが、感染対策のため、他の市内学校1校が明日(12月7日)及び明後日(12月8日)に臨時休業となる予定です。

 

 学校の臨時休業は、児童生徒の学習はもちろん、保護者の皆様の家庭生活やご勤務の等にも多大な影響があります。市では、所管保健所の見解も伺いながら、できるだけ迅速に検査を手配し、さらなる対策や経過観察を要する範囲を見極めて、早期に再開できるよう努めています。

 感染リスクが判明した場合には、市内の私立学校・施設におかれても、同様に努力頂いています。

 

 人権をお互いに尊重することが、コロナ禍を私たち自身が深めてしまわないために、とても大切です。特に、成長過程にある児童生徒の心のケアの点からも、詮索や過度の警戒などは、厳にお控えいただきますようお願い致します。

 

令和2年12月6日

天理市長 並河 健