天理大学ラグビー部における集団感染の終息宣言を受けて天理市長からのメッセージ(9月9日)

 本日(9月9日)、天理大学様より、ラグビー寮で発生した新型コロナウイルスの集団感染について、所管保健所と協議の上、「終息」したと判断される旨発表がありました。

 

http://www.tenri-u.ac.jp/topics/q3tncs00001wsxfe.html

 

 ラグビー寮では、8月12日に最初の陽性者の判明以降、18日までに53名の部員の陽性が判明し、所管保健所と連携の上、それぞれ医療機関または宿泊療養施設に入院・入所されました。また、陰性者は、寮以外の学内施設等に個別に収容され、経過観察を行われました。

 

 その後、陰性者のうち、9名が有症状等となって陽性が判明し、最終的に陽性者は計62名となりましたが、9月6日までに全員が退院・退所されました。陰性の部員についても、大学独自で再度検査を実施され、9月8日までにすべて経過観察期間が終了されました。

 

 天理市として、陽性者の皆さまのご快復を心からお慶び申し上げます。また、陰性者の皆さまも、長期間の経過観察、本当にお疲れさまでした。

 この間、寮生のみならず、保護者及び指導者をはじめ大学関係者の皆さまにおかれては、ご不安とご心労の日々だったと存じます。皆さまのお支えあってこそ、寮生の皆さんが「終息」を無事にお迎えになったことと、心から敬意を表します。お疲れも溜まっておられると存じます。くれぐれもご自愛いただきたくお願い致します。

 

 天理大学様におかれては、陽性者の判明以来、本市とも緊密に連携いただき、寮生の全員検査の手配、経過観察中の陰性者に対する独自検査の実施、専門業者による寮の徹底した消毒・除菌など、感染拡大の防止のために、一般的な対策を超える十二分なご努力を尽くされました。衷心よりお礼申し上げます。

 

 本市も、行政検査の対象とならなかった濃厚接触者以外の皆様に対して、「天理地区PCR検査センター」で独自の検査を行いました。結果、本日に至るまで、ラグビー寮関係者以外で本件に関連する感染者は発生していません。

 県内で新規感染は続いており、状況全般としてはまだまだ注意が必要ですが、皆さまのご協力により、ラグビー寮から市中への感染拡大は、防ぐことができたと認識しています。

 

 この度の集団感染の発生に伴い、天理大学の学生全般に対して、一部で「不当な扱い」なども残念ながら見られました。しかし、多くの皆さまが「あってはならないこと」として共感の輪を広げていただき、教育実習は全て是正されました。またアルバイトについても、継続できたとのご連絡も複数いただくことができました。

 

 新型コロナに関連する差別や偏見の防止の呼びかけが、文部科学大臣や、奈良弁護士会様、奈良県大学連合様等からも相次いで出されました。「コロナ禍」に対する問題意識が共有される一助となったのであれば、本市としてもありがたく存じます。お力添えいただきました皆さまに、重ねてお礼申し上げます。

 

 また、今回の集団感染に際して、天理大学ラグビー部のOBの皆さまはもとより、多くの天理ラグビーを愛する皆さまから、温かい激励が相次いだことは、ラグビー部の皆さまにとって何よりの励ましになったことと思います。改めて、天理ラグビーが、本市のみならず、日本のラグビーにとってかけがえのない「宝」であることを実感しました。

 

 天理大学様では、これからラグビー部の再開に向けて、寮生活及び練習における感染対策の強化と再発の防止に取り組まれると承知しています。本市からも、くれぐれもよろしくお願いします。ラグビー部の皆さまには、病み上がりの体に無理がないよう労わっていただきながら、今回の経験を機に、むしろチームの団結を強められ、いっそう逞しいプレーをみせていただけることを期待しています。

 

 新型コロナと共にある暮らしは、今しばらく続きます。本市は、引き続き「傷つけ合うよりも、支え合い」を大切に、感染対策と市民の皆様の不安払しょくのため、精一杯努力して参ります。

 

令和2年9月9日

天理市長 並河健