天理大学ラグビー寮生関係者の感染判明を受けて天理市長からのメッセージ(8月26日)

 本日(8月26日)、本市在住の20代男性が新型コロナウイルスに感染したことが発表されました。

 

 当該陽性者は、天理大学ラグビー寮生の関係者です。寮生が、いったん陰性判定を受けた後、保健所の判断により、経過観察中の生活サポートを一時的にされていたところ、寮生が再検査の結果陽性となったことから、検査を受けられました。

 

 心からお見舞い申し上げますとともに、ご快復をお祈り申し上げます。

 

 本日(8月26日)までに、ラグビー寮関係者以外には、市内で感染者は確認されていませんが、大学と緊密に協力しながら、市も引き続き感染拡大防止に努めて参ります。

 

 陽性者と接点があったものの、保健所から「濃厚接触者」と指定されない方、天大生と言うだけで不当な扱いを受けるおそれがある方に対して、市は責任をもってPCR検査を手配しています。御懸念の方は、「天理市新型コロナウイルス感染症対策本部」(代表0743-63-1001)までご連絡ください。

 

令和2年8月26日

天理市長 並河 健