(重要)新型コロナウイルス感染症対策(第二十七号/6月17日)~市内保育所等の通常保育への移行について~

天理市

天理市教育委員会

 

全国で「緊急事態宣言」が解除されて以降、「新しい生活様式」の下での社会経済活動の再開が進んでいる中、天理市では、感染症対策を徹底した上で、「市対策方針」(第二十五号)で示したとおり、6月15日から、約3か月半ぶりに幼稚園、小・中学校の一斉登校を再開しました。

市内の保育所等においても、6月1日から、ご家庭の事情が許す範囲での家庭保育の御協力をお願いしつつ再開していますが、政府が6月19日から社会経済活動の再開を「ステップ2」へと進めることや、直近の奈良県及び奈良県と生活圏が密接につながる近畿圏において新規感染者が低水準を維持している状況等を踏まえ、6月22日(月)から、下記のとおり通常保育へ移行します。

なお、感染症の第二波を少しでも抑制するためには、感染症対策を「新しい生活様式」として日常生活に定着させ、活動の再開と両立させていくことが、医療提供体制を持続可能にしていく上でも極めて重要です。今後、感染リスクが再び上昇するような情勢となるような場合は、改めて対策を強化する可能性もありますので、引き続き、市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

 

1.保育所・こども園、学童保育所の通常保育への移行について   

(1) 通常保育への移行日

   令和2年6月22日(月)から実施

(2) 「新しい生活様式」の定着に向けた感染防止対策の継続

     引き続き、施設全体を利用し、「児童の身体的距離の確保」、「手洗いなどの手指衛生」や「うがい」、「適切なマスクの着用等」をはじめ、「保育所における感染症対策ガイドライン」等に基づく感染予防対策を継続して徹底してまいります。

(3) その他

・通常保育移行前の6月20日(土)までの間、市の要請に基づいて可能な範囲での家庭保育の御協力をいただいたご家庭に対しては、既案内のとおり、欠席日数分の保育料等を今後のお支払額から差し引いて減額いたします。

  ただし、通常保育へ移行する6月22日以降、入所期間中にお休みされた場合の保育料等の日割り計算による減額は適用できません。あらかじめご了承をお願いします。

・市内の私立保育施設についても、市に準じた対応を取られるよう協力を依頼し、引き続き連携に努めてまいります。

                                  以 上