(重要)新型コロナウイルス感染症対策(第二十四号/5月26日)~政府対処方針に基づく市施設使用制限の緩和について~

天理市

天理市教育委員会

 

 昨日(5月25日)、東京圏を含む全国で「緊急事態宣言」が解除され、「新しい生活様式」の下での社会経済活動の再開が進んでいます。施設利用や屋内での行事・イベント等を再開する上での基準も、政府から示されました

人の移動や接触機会が増加すれば、感染拡大の第二波が起きるリスクがあることから、本市では、20日付け市対策方針(第二十三号)において、5月下旬以降の感染状況を踏まえて慎重に対応していくため、市施設の利用を6月前半は、地域運営を支える団体等による少人数での会議等に概ね限定していました。

しかし、より具体的な政府の対処方針が示されたことを受けて、6月1日以降、感染症対策を徹底した上で、使用制限を下記のとおり緩和することとします

感染症の第二波を少しでも抑制するためには、私たちが引き続き警戒を緩めることなく、感染症対策を日常生活に定着させつつ、活動の再開と両立させていくことが、医療提供体制を持続可能にしていく上でも極めて重要です。市民の皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

 

1.総論(全施設に共通)

(1)「新しい生活様式」の中で、基本的な感染対策の実践に掲げられている「人と人との距離の確保(できるだけ2m)」「マスクの着用」「手洗いなど手指衛生」等の徹底を、使用にあたっての前提とします。熱中症対策などの温度調節に留意しながら、換気も定期的に行います。

(2)屋内施設は、「人と人との距離の確保」のため、通常時の定員と比較して、概ね50%までの人数でのご利用とします。また、政府が移行期間の「ステップ1」とする6月18日までの間は、市民会館大ホールであっても、座席の間隔を空け、100名までの利用とし、6月19日以降の「ステップ2」では200名までの利用とします。(各施設の詳細は、2.以下を参照下さい。会議室は、最大でも面積÷1人4平方メートル目安です)。

(3)活動の中でも、文部科学省が学校活動において「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが特に高い」として掲げている、以下の活動については、当面の間、お控え願います

・近距離で一斉に大きな声で話す活動(合唱を含む)

・近距離で行う管楽器演奏

・調理実習

・密集する運動や、近距離で組み合ったり接触したりする運動

(4)今後、感染症の拡大リスクが高まった場合には、使用の制限や臨時休業を改めて行う可能性がありますので、あらかじめご理解ください。

 

2.市民会館

(1)大ホールは、前後左右の席間隔を空け、6月18日までは100名までの利用とし、6月19日以降は200名までの利用とします。

(2)会議室は、3階大会議室は概ね30名まで、会議室は10名までの利用とします。

 

3.文化センター

(1)文化ホール及び1階展示ホールは50名まで、各会議室は10名までの利用とします。

(2)館内の消毒等のため、通常の休館日(月曜日)に加え、当面の間は火曜日も臨時休業とします。

 

4.図書館

(1)6月2日から6月18日までの間は開館時間を9時~15時までに短縮し、天理市在住、在学、在勤の方に限り、図書の貸し出しと返却のみご利用いただけます。

(2)館内及び図書の消毒等のため、通常の休館日(月曜日)に加え、当面の間は火曜日も臨時休業(6月2日(火)を除く)とします。

 

5.公民館、かがやきプラザ、ふれあいセンター等

(1)大会議室の利用は、前栽公民館は30名、その他の公民館等は20名までの利用を原則とします(地域運営を支える区長会や民生児童委員他、各種団体の会議については、若干人数を上回っても可とします)。

(2)その他会議室については、10名までの利用または面積÷1人4平方メートル目安までの利用とします。

(3)上記1.(3)のとおり、活動の中でも、「感染症対策を講じてもなお感染のリスクが特に高い」以下の活動については、当面の間、お控え願います。

・近距離で一斉に大きな声で話したり、発したりする活動(合唱・カラオケを含む)

・近距離で行う管楽器演奏

・調理実習

・密集する運動や、近距離で組み合ったり接触したりする運動(健康・介護予防体操については、2m程度の間隔を取り、息が上がらない程度のものは差し支えありません。ただし、政府がクラスター発生事例として発表しているもの(ヨガ等)は除きます。)

 

6.天理駅前広場コフフン、南団体待合室

6月中に、以下の形態での再開を目指します。

(1)南団体待合室は、概ね20名までのセミナーや、育児・子育て相談、健康・介護予防体操等に利用できます。自習スペースは、席の間隔を離した利用とします。飲食や、屋内の玩具の利用は、当面の間、お控え願います。

(2)コフフン内の遊具のうち、ふわふわコフンやすりばちコフンの利用は、時間帯を決めて、人数制限をしての利用とします。また、ステージコフンは、2m程度の間隔を空け、50名までの利用とします。

 

7.体育施設

(1)屋内体育施設

(ア)密集する運動や、近距離で組み合ったり接触したりする運動やトレーニングジム、更衣室の利用等は当面の間、お控え願います。競技の内、近距離での接触が避けられないと判断される競技については、練習方法を工夫いただくか、ご利用をお控え願います。

(イ)長柄運動公園内の総合体育館は主競技場(サブ競技場を除く)に限り半面使用の場合15名まで、全面使用の場合30名まで、三島体育館及び二階堂体育館は、全面で15名までの利用とします。

(ウ)6月18日までの間は、市内団体による練習のみの利用とし、市外団体との試合等はお控え願います。

(2)屋外体育施設

(ア)屋外体育施設のうち、長柄運動公園内の庭球場、福住庭球場については、各コートにつき6名までの利用とします。

(イ)その他の各運動場、グラウンドゴルフ場については、当面の間、5月20日付け市対策方針(第二十三号)のとおりとします。

 

8.市管理の公園

(1)緊急事態宣言が発出されて以降、公園の大型遊具を使用禁止としていましたが、6月1日より解除します。できるだけ人と人との距離をとってご使用ください。

(2)田部公園内のスケート広場、バスケットゴールについては、密集密接状態になりやすく、使用人数の管理が困難であるため、引き続き、6月18日までのステップ1の期間は、ご利用をお控え願います。

(3)許可制に該当する団体利用についても、6月18日までのステップ1の期間は、20名以内でのご利用をお願いします。

(以上)

 

天理市ホームページ 【新型コロナウイルス感染症関連情報】http://www.city.tenri.nara.jp/kakuka/shichoukoushitsu/kohoka/singata1/index.html