(重要)新型コロナウイルス感染症対策(第十三号/4月14日)~自宅待機が求められる方への生活支援サービス等について~

新型コロナウイルス感染症対策について(第十三号)

令和2年4月14日

天理市

 

【自宅待機が求められる濃厚接触者等への生活支援サービスを開始します】

 4月7日、政府より大阪府等を対象とする緊急事態宣言が発令され、4月に入ってからの奈良県内における新型コロナウイルス感染症の感染者数も、急増している状況です。県発表によれば、同感染症による入院者の中に、現在のところ、天理市民は含まれていませんが、今後さらなる警戒とともに、地域における生活支援体制を充実させることが重要です。

 

 そこで、天理市では、今後、保健所から濃厚接触者等として自宅待機が求められる市民の皆さまと、同一世帯のご家族への支援を以下のとおり開始し、生活に支障が生じないようにするとともに、地域における感染拡大のリスクの抑制を図ることとしました。

 感染者及び濃厚接触者のお名前や住所などの個人情報は、人権等への配慮から公表されておらず、市町村には伝えられません。この支援制度の利用をご希望いただく皆様には、ご本人または同居するご家族から、市対策本部までお電話等で直接お申込みいただく必要がありますので、予めご理解のほどよろしくお願いします。

 

 

「新型コロナウイルス感染症に関する天理市生活支援サービス事業」は、以下のとおりです。

 

1.対象者 

 天理市内に住所を有し、新型コロナウイルス感染症に関して、保健所の指示により濃厚接触者等として自宅待機が求められる方とその同居家族で、親族等から支援を受けることが困難な方

 

2.支援内容

(1)買い物代行 

〇 自宅待機中の日常生活に必要な食料品や日用品等を事前にお電話で確認し、金額や品物について調整した上で、買い物を代行します。

〇 電話等のやりとりにより、金銭や品物の受け渡し時の、人と人との接触を避けます。

〇 市は、支援対象者であることの個人情報保護に最大限努め、自宅への訪問時も、できるだけ市職員の訪問であることが第三者から判別されないように工夫します。

(2)薬等の受け渡し

 持病等で処方箋医薬品が必要な場合、対象者が事前に医師に連絡し、医師の同意が得ることを条件として、上記(1)の買い物代行と同様に、医薬品を受け取り、ご自宅にお届けします。

(3)電話等による生活状況等の確認

 

3.支援サービスの期間、利用時間及び回数

  1. 期間は、概ね2週間程度までの、自宅待機が求められる日数とします。
  2. 利用時間は、原則として、平日の午前8時30分~午後5時とします。
  3. 利用回数は、原則として、一世帯週3回までとし、1日あたり1回とします。

 

4.利用の申込

 本支援サービスの利用を希望される方は、天理市「新型コロナウイルス感染症対策本部」(代表0743-63-1001)に、上記1.の対象の世帯ご本人様方から、直接電話にてお申込みください(なりすましや、悪質ないたずら、虚偽申請に対しては、本市は偽計業務妨害に当たり得る行為と受け止め、適切な法的措置を講じますので、厳に慎んでください)。

 

(了)

問合わせ

天理市新型コロナウイルス感染症対策本部市役所代表0743-63-1001にお電話いただき、交換で「対策本部」とお伝えください)。