(重要)新型コロナウイルス感染症対策(第十号/4月7日)~分散登校選択制の中止と臨時休業への変更等について~

新型コロナウイルス感染症対策について(第十号)

令和2年4月7日

天理市

天理市教育委員会

 

【分散登校の選択制を中止し、家庭学習を原則とする臨時休業に変更します】
 本日4月7日、新型コロナウイルス感染症の感染者数の急増に対し、政府より緊急事態宣言が発令され、大阪府と兵庫県を含む7都府県が対象とされました。奈良県は緊急事態宣言の対象に含まれませんが、天理市は、京阪神地域の都市部と生活圏が密接につながっており、感染拡大への一層の警戒が必要です。

 緊急事態宣言を受けて、政府及び対象となった都府県からは、可能な限り、外出の自粛を徹底することが、国民に対し、強く求められています。外出を控え、他者との接触をできるだけ減らすことが、自分自身と大切な人たちの命と健康を守り、社会全体の感染リスクを減らしていく上で、最も重視されています。

 本市では、4月3日付の天理市対策方針(第九号)において、新学期からの学校再開を「分散登校または家庭学習の選択制」で実施するとしました。その後、6日には補足説明を行い、選択制の期間を、学校の出席扱いの上で「臨時休業期間中」と位置付け、市の基本的な考え方としては、「家庭学習」を推奨する、とお伝えしました。先ず、家庭学習をご検討いただき、分散登校による通学を希望されるご家庭については、登校願の提出をお願いしていました。
 この「選択制」は、感染リスクを最大限抑制しながら、子ども達の学習機会と学校生活をできるだけ大切にし、3月以来の臨時休業による児童生徒とご家庭のご負担を考慮しながら、個々のご事情に応じた対応を取ることを目的としていました。

 しかし、可能な限り外出を自粛し、人との接触を減らすという喫緊の必要性に照らせば、分散登校を希望する児童生徒が、学校において、給食を含む集団生活を送ること自体も、今は慎まざるを得ないとの結論に改めて達しました。
 天理市「新型コロナウイルス感染症対策本部」は、第九号でお示しした「分散登校又は家庭学習の選択制」の実施を取りやめ、4月9日から、概ね、大阪府等に対する緊急事態宣言が終息するまでの当面の間、家庭学習を原則とする臨時休業期間とします。休業期間は、5月6日を目途に中間見直しを行い、改めて連絡します。なお、小学校の入学式は、4月8日、中学校の入学式は、4月9日に、予定どおり「縮小形式」にて実施します。
 幼稚園についても、同様に臨時休業とします(やまだこども園の幼稚園コースを含みます)。市内の私立学校についても、これまで市の対応と歩調を合わせた対応を取って頂いています。

 休校期間は相当長期に及ぶことも想定されるため、週に一日、家庭学習を支えるための最低限の取組として、午前の1~2時間に限った登校日を設け、分団毎に分散して実施します。この登校日についても、登校を希望しない児童・生徒に対しては、課題を郵送する等の対応を行います。詳細は下記のとおりです。

 市対策方針(第九号)では、今後の感染拡大が深刻化する場合には、全ての学校等を改めて臨時休業にするとお伝えしていましたが、これまで選択制に向けて、ご準備下さっていた児童生徒及び保護者の皆さま、教職員の先生方はじめ学校関係各位には、短期間での方針変更となりご迷惑をおかけいたしましたこと、衷心よりお詫び申し上げます。
 他方、今後の状況によって、臨時休校が終わった時に、ただちに学校等を全面的に再開できるかの見通しは、明らかではありません。少しずつ、正常化していく期間が必要になることも、十分想定されます。今回の家庭学習や分散登校の検討準備の成果は、今後の対応の中で有意義に活かせると考えています。

 日々急変する状況に対して、子ども達をはじめ市民の皆様の命と健康を守るための対策であることをご理解いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

1.臨時休業中の家庭学習について
(1) 児童生徒は、週ごとの宿題を自宅で行い、学校に提出し、担任が確認添削します。
(2) 家庭学習をサポートする最低限の取組として、毎週月曜日と火曜日に分け、午前中に限った登校日を設けます(給食は実施しません)。通常クラスの概ね半数になるよう、小学校は分団毎に、中学校はグループ毎に二組に分けます。登校日には、次の宿題の説明や、児童生徒の質問相談などに応じることにします。最初の登校日は、4月13日(月曜日)と14日(火曜日)です。曜日の割り振りは、各学校からご連絡します。
(3) 登校日の登校を希望されない児童生徒には、課題を郵送する等の対応を行い、家庭での学習を支えます。
(4) 情報通信技術(ICT)を活用して、家庭学習をできるだけ充実させるための情報発信や、児童生徒とのコミュニケーションなどを工夫します。

(5) 今回の臨時休業は、緊急事態宣言等において、外出の自粛徹底が強く求められていること、他者との接触を極力避けることが求められていることにより、本市としても実施するものです。休業期間中、児童生徒の皆さんは、このことを十分に理解し、くれぐれも慎重に行動するよう、重ねてお願いします。

2.学校、幼稚園での預かりについて
(1) 勤務のご都合等により、家庭での学習が難しい児童生徒に対して、学校での預かりを実施します。学童保育所を利用される児童生徒については、学童の開始が午後0時30分のため、午前中から昼は、学校での預かりに参加することになります。学童保育に登録していない児童生徒は、午前も午後も学校での預かりで対応します。
(2) ただし、保護者の皆様には、預かりの利用をご検討いただくにあたり、お子様の健康状態はもちろん、ご勤務・通勤の状況、ご家庭内に重症化の恐れが高いとされる高齢者等がいらっしゃらないか、などを慎重にご検討いただき、可能な限り、ご家庭での学習をお願いします。
(3) 預かりでは、通常の授業は実施しません。児童生徒が、宿題等に取り組むのを教員がサポートするなどを行います。
(4) 学校での預かりの時間は、概ね午前8時前後から、午後4時30分です。申請にあたって、詳細は各学校にご相談ください。
(5) 幼稚園でも、3月の臨時休業期間中と同様に、ご家庭の事情に応じて預かりを実施します。

3.校庭と園庭の開放について
児童生徒が運動不足になり、外遊びの機会が限定され、ストレスが溜まるのを防ぐため、学校の校庭と幼稚園園庭を、自由遊びのために開放します。教員や幼稚園教諭による監督指導等は行いませんので、幼稚園児と小学校低学年の児童については、必ず保護者が同伴の上、ご利用ください。

 

問合わせ

天理市新型コロナウイルス感染症対策本部市役所代表0743-63-1001にお電話いただき、交換で「対策本部」とお伝えください)。