(重要)天理市対策方針(第九号)補足(4月6日)~家庭学習の推奨等について~

保護者の皆様へ

天理市対策方針(第九号)について

令和2年4月6日

天理市

天理市教育委員会

 

 平素は学校の運営に格別のご協力を賜り、誠にありがとうございます。
 新型コロナウイルス感染症の近畿地方における感染拡大を受けて、天理市では新学期の学校運営について、4月3日付の天理市対策方針(第九号)を発出し、当面の間「分散登校または家庭学習の選択制」を実施することにしました。
(注意:ただし、学校の出席扱いの上では、「臨時休業期間中」と位置づけ、出席すべき日数には含みません。)

 その後、4日及び5日の週末の間も、新たな感染者の発表が全国的に続いており、7日中にも、大阪府をはじめとする都市部に対し、政府が緊急事態宣言を行う予定です。

 このような状況の下、天理市では、学習機会を大切にしていきたいと引き続き考えていますが、今、最優先しなければならないのは「命と健康を守る」ことであるのは、議論の余地がありません。市の基本的考えとしては、「家庭学習」を推奨します。「家庭学習」は、「欠席扱い」にはなりません。

そこで、感染拡大への警戒が強まる中、「分散登校」または「家庭学習」を選択されるに当たり、保護者の皆様には、お子様の健康状態はもちろん、ご勤務・通勤の状況、ご家庭内で重症化の恐れが高いとされる高齢者等がいらっしゃらないかなどを、慎重にご検討いただき、「家庭学習」について、先ずは、ご家族でご相談いただきますようお願いいたします。(家庭学習を選ばれ、お勤め先との関係で証明が必要な場合、「通常の義務教育課程を休業している」旨の証明書を出させて頂きますので各学校に申請下さい。)

その上で、お子様の学習、学校での生活や、ご勤務の都合等により、分散登校による通学を希望されるご家庭については、登校願に記名の上、4月10日までに学校に提出ください。(給食の実施や「午後コース」の場合の午前中の預かり等については、第九号から変更はありません。)。


天理市及び天理市教育委員会は、大切なお子様の学習と育成のために、家庭学習と分散登校の何れについても、できる限りの努力を惜しみません。しかし、3月の臨時休業に続き、今般の感染症対策は長期間に及ぶと見通されており、通常の義務教育課程の運用は、非常に困難であるのが現実です。学校とご家庭、地域が連携し、子ども達にとって、安全で良好な学習環境を守っていくために、皆さまのご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。


注意:令和2年4月3日付け新型コロナウイルス感染症について(第九号)で示した分散登校の時間割は、全体の基準となるひな形です。詳細は各学校の実態に応じてよりよい方法を工夫して連絡しますのでご確認ください。

問合わせ

天理市新型コロナウイルス感染症対策本部市役所代表0743-63-1001にお電話いただき、交換で「対策本部」とお伝えください)。