(重要)新型コロナウイルス感染症対策(第四号/3月9日)~南保育所及び学童保育所の臨時休業等(継続)について~

新型コロナウイルス感染症対策について(第四号)

令和2年3月9日

天理市

 

 3月7日付、市対策方針(第三号)で、「市立南保育所職員の関係者」としてお伝えした「大阪市北区のライブハウスで発生したとみられる新型コロナウイルス感染症クラスターの濃厚接触者」がPCR検査の結果、3月8日時点で「陽性」であったことが判明しました。また、未就学児童1名(同感染者の「濃厚接触者」)も、PCR検査の結果、3月8日時点で同じく「陽性」であったことが判明しました。「濃厚接触者」である南保育所職員は、3月8日時点では「陰性」でした。

(※ ご本人の同意を以て公表しています)

 天理市新型コロナウイルス感染症対策本部は、上記の感染者2名が発生した状況を受け、以下の対策を取ります。市民の皆さまの命と健康を守るため、引き続きのご協力をよろしくお願い致します。

 

1.市対策方針(第三号)に基づく市立保育所での対応

(1)3月7日付、市対策方針(第三号)で決定したとおり、令和2年3月9日より3月22日までの間、南保育所を臨時休業しています。再開については、3月22日の時点で状況を確認し、改めて決定します。

(2)なお、未就学児童の関係施設(以下、「施設X」)も、市対策方針(第三号)に基づく市要請に応じた対応を取られています。

 

2.施設関係者への対応

(1)南保育所職員については、9日時点でPCR検査の結果「陰性」が確認されていますが、潜伏期間等を考慮し、全児童には休業期間中、外出を控えるようお願いします。また、南保育所より、各児童の健康状態を電話で確認いたします。

(2)「施設X」の全関係者(※児童及び施設勤務者)に対して、自宅待機を求めます。発熱や呼吸器症状がないか、市としても、「施設X」と連携して健康状態を確認します。また、保健所等と連携し、濃厚接触者の把握に努めます。症状があった場合には、直ちに「奈良県帰国者・接触者相談センター(0742-27-1132)」に相談いただき、適切な対応が受けられるよう、市も支援します。

(3)南保育所及び「施設X」の消毒作業を行う他、市内での感染拡大防止のため、関係者と緊密に連携した対策を取ります。

 

3.学童保育所及びその他の保育所、小学校の「一時預かり」について

(1)「施設X」関係者の兄弟姉妹が通っている学童保育所と、小学校の「一時預かり」は、最悪の事態を想定した予防的措置として、令和2年3月10日より3月23日までの間、臨時休業します。臨時休業となるのは、前栽、丹波市、井戸堂、朝和、柳本、二階堂の各学童保育所と小学校の「一時預かり」です

(2)市立北、中央、嘉幡保育所、やまだこども園には、「施設X」関係者の兄弟姉妹がいないため、3月9日時点では、感染症対策を徹底の上、「預かり」を継続します。上記(1)で臨時休業とならない学童保育所と小学校の「一時預かり」も同様に継続します。

(3)ただし、今後、感染が拡大する場合や、経路が不明な市中感染が発生した場合、2月28日付、市対策方針(第二号)に沿って、いささかの遅滞も無く、直ちに全ての学童保育所及びその他の市立保育所・こども園、小学校の「一時預かり」を概ね2週間臨時休業とします。

 

4.市民の皆さまへのお願い

(1)市では、感染拡大の抑止に向け、市民の皆さまと協働し、全力で取り組むため、個人情報保護のため問題がある事項を除き、市が把握する情報の共有に努めます。市民の皆さまには、手洗い、うがい、咳エチケット、部屋の換気などの感染症対策の励行と、冷静な対応をお願いします。

(2)大阪市のライブハウス「大阪京橋ライブハウスArc」(大阪市都島区)や「Soap opera classics-Umeda」(大阪市北区)など、新型コロナウイルス感染症の陽性患者が確認された施設を利用された方で、発熱や呼吸器症状があり感染の不安がある方は、直ちに「奈良県帰国者・接触者相談センター(0742-27-1132)」までご連絡ください。

(了)

 

※保育所や学童保育所、小学校での「一時預かり」事業は、奈良県ではなく、天理市の所管事務です。この市対処方針第四号に関するお問い合わせは、奈良県ではなく、天理市新型コロナウイルス感染症対策本部までお願いします市役所代表0743-63-1001にお電話いただき、交換で「対策本部」とお伝えください)。

 

奈良県 疾病対策課

 

帰国者_接触者相談センター(PDF:493.3KB)