てんりスマホサミット

てんりスマホサミット ~天理の子どもを守るスマホ・ネット対策事業~

天理市教育委員会では、青少年がスマートフォンやSNSの利用を通じてトラブルに巻き込まれる事例が後を絶たないことから、教育機関や警察等の関係機関による実行委員会を設置し、「天理市の子どもを守るスマホ・ネット対策事業」を実施しました。

てんりスマホサミット ポスター(PDF:374KB)

活動について

 天理市内の小中高生の代表25名及び、サポートとして大学生6名が集まり、3回のワークショップを通してスマホについて考えました。帝塚山大学 教授の日置慎治先生の「スマホ・ネットの状況について」の説明を聞き、その後、スマートフォンを切り口に班ごとに意見を出し合い、『良いところ・悪いところ』 や『今後の活動』をそれぞれまとめました。

 また、天理市内の小中校生対象にアンケートも実施しました。

 

良いところ・悪いところを付箋に書く

伝えたいこと、作成したい啓発ツールを発表しました。

良いところ・悪いところ(PDF:83.6KB)

伝えたいこと・活動(PDF:59.9KB)

アンケート項目(PDF:207.3KB)

「てんりスマホサミット」当日

 平成30年1月20日(土)に天理市文化センターにおいて、「てんりスマホサミット」が開催されました。スマホについて考え、啓発作品を発表し、スマホ宣言を行いました。

1.講演会

 

講演 「天理の子ども達を取り巻くネット・スマホの現況」

~天理市スマホアンケート結果から~

講師 帝塚山大学教授 日置 慎治さん

昨年度のアンケート結果との比較から、天理の子ども達の様々なスマホ状況が見えてきました。

2.子ども達の取組発表

・『サミットへの道のり』

 これまでのワークショップの振り返りを発表しました。

 

・各班の発表

 各班が取り組んできた動画やクイズアプリの作製などについて発表しました。

A班

動画「スマホとのコミュニケーション~スマホからのSOS~」

B班

動画「消せない動画」

C班

動画「おはようLINE」と、クイズアプリの紹介

D班

スマホキャラクター紹介と、ポスター紹介

 

 

 

 

オリジナルキャラクター

『ながらスマホくん』

スマホの良いところ、悪いところの2つの顔をもっているキャラクターです。

E班

クイズアプリの紹介

会場の皆さんにも、クイズに参加していただきました。

 

☆C班とE班が考えたクイズアプリをクリックして、ぜひチャレンジしてみてください☆

クイズアプリ 「天理スマホクイズ」(PDF:223KB)

 

 

福住中学校での取組「福中サミット」の発表

福中スマホ宣言

『スマホ依存 守ろう時間 使う場所』

3.スマホ利用を考えるトークセッション

 コーディネーターの日置先生と、パネラーのサミットメンバー代表、サポーター代表たちで、トークセッションを行いました。

 スマホに対しての子ども達の生の声や様々な意見が出され、有意義なセッションの時間となりました。

トークセッションの様子

会場からも質問がでました。

4.「てんりスマホ宣言」発表

最後にスマホ利用の三か条

てんりスマホ宣言が発表されました。

『てんりスマホ宣言』

1 本当に話したいことは、

      直接顔を見て!

2 正しく使ったら便利。

    間違ったら危険!

3 身近な人との時間を大切にし、

      食事の時や遊んでいる時は、

    スマホをさわらず会話をしよう!

 

みんなで記念撮影 『 いいね!』

 

無事にサミットを終えることができました。

子ども達からは、「参加していい経験ができた。」「友達にも教えたい。」などの意見があり、参加者からは、「子ども達の生の声を聞くことができてよかった。」「スマホの再認識ができた。」などの意見がありました。

今回のサミットの様子をDVDにまとめて、各小中学校に伝え、スマホでのトラブルに巻き込まれないよう、また、スマホを適切に利用できるよう啓発していきたいです。

参加してくださった皆さん、ありがとうございました。

各学校のスマホ活動のリーダーとして、これからもがんばって下さいネ☆彡

 

 

      

 

       

 

 

 

       ☆お知らせ☆

「てんりスマホ宣言」と、ながらスマホくんのシールができました。

下をクリックして見てください。

スマホサミットのシール(PDF:311.1KB)

お問い合わせ先
教育総合センター
〒632-0033 奈良県天理市勾田町109番地1
電話 0743-63-0316
ファックス 0743-63-0053
メールフォームによるお問い合わせ