大和古墳群が国史跡に指定されました

ノムギ古墳・中山大塚古墳・下池山古墳の指定について

平成26年6月20日(金)に開催されました、国の文化審議会(会長 宮田 亮平)において、史跡名勝天然記念物等の指定の答申がおこなわれました。そのうち天理市に関係するもの〔大和古墳群ノムギ古墳・中山大塚古墳・下池山古墳(新指定)〕について、下記のとおりお知らせします。

[追記]平成26年10月6日付官報号外第221号の告示により国史跡に指定されました。

空から見た大和古墳群

史跡の新指定 1件

名称

史跡 大和古墳群(おおやまとこふんぐん)
 ノムギ古墳(のむぎこふん)
 下池山古墳(しもいけやまこふん)
 中山大塚古墳(なかやまおおつかこふん)

所在地

奈良県天理市佐保庄町・成願寺町・中山町

面積

新指定地 : 17,729.89平方メートル

概要

奈良盆地東南部に位置する100m~200m級の前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)・前方後方墳(ぜんぽうこうほうふん)を含む24基からなる古墳時代前期を中心とした古墳群。わが国の国家形成を考える上で重要であることから、古墳群として一体的な保護を図る。今回は、調査により内容が明らかとなっているノムギ古墳・中山大塚古墳・下池山古墳を指定する。
(巨大古墳を有する古墳時代初期の古墳群であり、わが国の国家形成を考える上で重要。)

ノムギ古墳

中山大塚古墳

下池山古墳

お問い合わせ先
文化財課
〒632-0017 奈良県天理市田部町320番地
電話 0743-65-5720
ファックス 0743-65-5720
メールフォームによるお問い合わせ