「Fリーグ2018/2019プレシーズンマッチ」が開催されました

 市立総合体育館のリニューアル工事により新たにメインアリーナで利用可能となったフットサル。その魅力を多くの方に感じてもらいたく、指定管理者エスエスケイの協力を得て実現したフットサルのトップチームによる対戦が、5月12日に行われました。

 Fリーグ絶対王者の名古屋オーシャンズと、ライバルであるシュライカー大阪の一戦は、800人ほど駆け付けた観客による熱気と、両雄のプライドを賭けた戦いにより非常に大きな盛り上がりを見せました。結果は名古屋オーシャンズが6-1で勝利。試合後には名古屋オーシャンズの選手たちとのサイン会や小学生向けのフットサルクリニックが行われ、詰めかけたファンや子供たちは大興奮でした。

 エキシビションマッチとして、奈良バディフットサルクラブも駆け付けて、地元ファンも大いに盛り上がりました。

 私たちは今後もこういった「観る」スポーツの楽しさというものも多くの市民の皆様にも発信していきたいと思っています。