平成29年度 介護予防・日常生活支援総合事業 介護職員処遇改善加算計画書の提出について<平成29年3月31日更新>

平成29年度の処遇改善加算の提出時期について

 従来の介護給付において、介護職員処遇改善加算の計画書等は通常2月末日までに提出いただくことになっておりますが、平成29年度介護職員処遇改善加算について、現在厚生労働省において、新たな加算区分の新設・様式の変更が検討されていることから、計画書の提出時期が4月15日まで(予定)とする方針が厚生労働省から示されました。(以下の「介護保険最新情報」参照)

 

 介護保険最新情報 vol.580 (PDF:568.4KB)

 

 それに従い介護予防・日常生活支援総合事業の介護職員処遇改善加算においても、従来の介護給付と同様の取り扱いとされると思われますが、具体的内容は不明ですので、決まりましたら、このホームページでお示しします。

平成29年度の処遇改善加算の提出方法について(平成29年3月31日更新)

介護予防・日常生活支援総合事業における介護職員処遇改善加算の届出については、奈良県の様式をご利用の上、県提出書類に加え、つぎの届出書も提出してください。(平成29年4月14日(金)までに)

 

介護予防・日常生活支援総合事業費算定に係る体制等に関する届出書 (EXCEL:46.5KB)

 

*奈良県ホームページの介護職員処遇改善加算に関するページのリンクです。

  奈良県独自様式で作成できないものについては厚労省の様式をご利用ください。

平成29年度介護報酬改定について(奈良県ホームページ)