認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チームがサポートします

  天理市では、認知症になっても住み慣れた地域で安心して暮らし続けることができるように「認知症初期集中支援チーム」が活動しています。

  認知症が疑われる人や、認知症の人の家庭を訪問し、認知症に関する困りごとの早期発見・早期対応をその活動の目的としています。

  認知症に関して、ご自身の事、ご家族の事等で心配なことがありましたら、お気  軽にご相談下さい。

 認知症初期集中支援チームとは?

  福祉政策課地域包括ケア推進係にチームを設置し、ご本人やご家族、地域包括支援センター等からの相談を受け、家庭訪問などを通じた初期の支援を行い、自立した生活をサポートする専門職のチームです。

 ※専門職とは、医師、看護師、保健師等です。

 対象は?

 40歳以上で、自宅で生活している認知症が疑われる人、又は認知症の人で、次のような方です。

  ・認知症の診断を受けていない人、又は治療を中断している人

  ・医療サービスや介護サービスを利用していない人

  ・何らかのサービスは利用しているが、認知症による症状が強く、どのように対

   応したらいいのか困っている人

 相談の流れ

     1、電話・窓口相談

           ↓

     2、家庭訪問

          ・初期集中支援チームのチーム員がご家庭に訪問します

           ↓

     3、 必要な支援の実施

          ・ご本人やご家族から、物忘れや困っていることについてお話を

           お聞きします。

          ・必要に応じて専門の病院への受診をお勧めします。

          ・必要な医療や介護サービスの検討をします。

          ・認知症でよく見られる症状への対応についてアドバイスをします。

           ↓

     4、 関係する機関への引継ぎ

          ・訪問する期間が終了となれば、関係する機関に引継ぎをします。

                       認知症初期集中支援チームチラシ (WORD:66.4KB)