ボランティアガイドと歩く「プチ」てくてんり

ボランティアガイドと歩く「プチ」てくてんり(平成29年11月11日(土曜日)【開催】)

 

歴史にふれる、ウォーキング。

 

天理市の歴史や文化といった魅力を知ってほしいと天理への来訪者の方々へガイドをしている「天理市山の辺の道ボランティアガイドの会」が開催した「ボランティアガイドと歩く「プチ」てくてんり」。今回は、物部氏をテーマに、天理駅前から石上神宮や歌碑を巡り天理駅前までぐるっとウォーキングしました。

コースはこちらから。

 

黄金に輝くイチョウ並木を見ながら、ウォーキング。

天理の秋の風物詩。

 

昔、物部氏の武器庫だったといわれている、石上神宮に到着。

静寂な雰囲気に包まれて、ガイドさんの案内を聞き入っていました。

 

天理大学生が企画運営したコースイベントの

てくてく天大~歩いてまわる展覧会~」では、

おいしいお菓子とおいしいお茶で、ちょっと一息。

 

世界的にも有名な、天理大学附属天理図書館へ。

ここには、日本で最初の公開図書館とされる「芸亭(うんてい)」を

建てたといわれている石上宅嗣朝臣の顕彰碑がある。

 

天理本通り商店街内で、稲田酒造さんによる「甘酒の試飲」。

ノンアルコールで、飲みやすい。

 

ゴール会場の天理駅前広場コフフンでは、

「ワールドフェスティバル天理2017」が開催され、

海外の音楽と食を楽しまれる方もおられました。

 

 

天理市山の辺の道ボランティアガイドの会」は、イベント実施だけではなく、

来訪者への案内ガイドも実施中。

「もっと詳しく歴史を知りたい!」「山の辺の道をもっと知りたい!」という方は、

こちらからお申込みをどうぞ

 

また、 平成30年には、年に4回定期的なウォーキングイベントを開催予定。

初回は、4月14日(土曜日)です。その他詳細はこちらから。

お問い合わせ先
産業振興課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所2階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-2880
メールフォームによるお問い合わせ