高収益作物次期作支援交付金について

事業概要

新型コロナウイルス感染症の影響により売り上げが減少する等の影響を受けた野菜・花き・果樹・茶等の高収益作物について、次期作に前向きに取り組む生産者に対し、支援金を交付します。

 

高収益作物次期作支援交付金パンフレット(PDF:1.3MB)

支援対象となる生産者

支援対象者は、以下の要件をすべて満たす生産者です。

●令和2年2月から4月の間に野菜、花き、果樹、茶の出荷実績がある、又は廃棄等により出荷できなかった方。

●収入保険や農業共済などのセーフティネットに加入している、または加入を検討している方。

事業の内容

【交付単価】

ア:野菜、花き、果樹、茶…10aあたり5万円(中山間地域等では10aあたり5.5万円)

イ:施設栽培の花き、大葉及びわさび…10aあたり80万円

ウ:施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう…10aあたり25万円

※施設栽培の対象施設は以下の施設があるものです。

 ・加温装置(空調装置)又はかん水装置(いわゆる雨よけハウスは除きます。)

 

【交付対象面積】

同一ほ場において、以下の1.~8.取り組み項目の2つを実施したほ場の面積。

1 : 機械化体系の導入

2 : 集出荷経費の削減に資する資材の導入

3 : 品目・品種等の導入

4 : 肥料・農薬等の導入

5 : かん水設備等の導入

6 :  土壌改良・排水対策の実施

7 : 被害防止技術の導入

8 ・労働安全確認事項の実施

   ・農業機械への安全装置の追加導入

   ・事業継続計画の策定等  のいずれか1つ

※イの交付単価(10aあたり80万円)の場合は、3の取り組み【必須】+1~7のうち、2つの取り組みを実施することが必要です(8の取り組みは選択できません)。

詳細については、農林水産省ホームページ(https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html)をご覧ください。

 

事業の流れ

おおまかな事業の流れは以下のとおりです。

●申請者は、必要書類を持って天理市農林課農林係受付窓口へ

 ※必要書類

 ・令和2年2月から4月の間に対象の高収益作物を出荷もしくは販売したことが確認できる書類(領収書、出荷伝票等)

 ・廃棄した場合は、高収益作物を廃棄したことが確認できる書類(廃棄理由書等)

 ・次期作の取り組み面積がわかる公的資料(農家台帳等)

●農林課受付窓口にて、交付申請書および取組計画書の記入

 (受付期間:8月3日~21日)

●申請書類の取りまとめ及び確認(天理市地域農業再生協議会)

●事業実施主体の奈良県農業再生協議会へ報告(天理市地域農業再生協議会)

●生産者取組計画で選択した取組を実施

●実績報告及び交付金の交付

※交付金の交付時期については、交付日が決定次第連絡いたします。

提出書類

提出書類については、奈良県農業再生協議会ホームページにてご確認ください。

URL : http://www.pref.nara.jp/55800.htm

受付期間

令和2年8月3日(月)~令和2年8月21日(金)

提出先

天理市環境経済部農林課農林係

(天理市川原城町605 天理市役所2階)

TEL : 0743-63-1001(内線260、241)

問い合わせ先

その他制度の詳細については、奈良県農業再生協議会にてご確認ください。

 ホームページ→http://www.pref.nara.jp/55800.htm

お問い合わせ先
農林課
〒632-8555 奈良県天理市川原城町605番地 市役所2階
電話 0743-63-1001(代表)
ファックス 0743-62-2880
メールフォームによるお問い合わせ